Majiriki

今、福祉の仕事を広めよう

【あの人はどんな人】糸賀一雄 日本の障害者福祉の第一人者

time 2018/04/21

【あの人はどんな人】糸賀一雄 日本の障害者福祉の第一人者

sponsored link

糸賀 一雄(いとが かずお)

鳥取市立川町 生まれ 1914年3月29日 – 1968年9月18日

 

この子らに世の光を

1946(昭和21)年、県職員だった糸賀一雄らは、知的障がい児と戦災浮浪児を保護・教育するための「近江学園」を設立した。終戦直後の混乱期で制度・施策もない中、子どもたちの生命と生活の保障、情緒の安定と教育の提供を行うものとして立ち上げられた。この時代はまだ障害者への偏見が強く、糸賀らの取り組みは先進的であった。

 

糸賀は知的障害児の教育は「教科書があればできるというものではなくて、生活の一切が学習である」と言った。職員は、子どもらと同じ部屋で寝起きし、掃除、洗濯、食事などあらゆる行為をともにした。糸賀と職員らは毎晩のように集まり、教育方針について議論をかわした。

 

そして、その近江学園の福祉と教育の実践の中から「この子らに世の光を」とあわれみを求めるのではなく、「この子らを世の光に」と唱えた。

「この子らはどんな重い障害をもっていても、だれと取り替えることもできない個性的な自己実現をしているものである。人間と生まれて、その人なりに人間となっていくのである。その自己実現こそが創造であり、生産である。私たちの願いは、重症な障害をもったこの子たちも立派な生産者であるということを、認め合える社会をつくろうということである。『この子らに世の光を』あててやろうという哀れみの政策を求めているのではなく、この子らが自ら輝く素材そのものであるから、いよいよ磨きをかけて輝かそうというのである。『この子らを世の光に』である。この子らが、生まれながらにしてもっている人格発達の権利を徹底的に保障せねばならぬということなのである」
知的障害者福祉法の成立にも尽力した糸賀一雄ですが、1968年、持病の心臓発作により54歳の若さで急逝しました。

近江学園・・・戦災孤児・生活困窮児・精神薄弱児(現在の知的障害児)を対象とした生活保護法の救護施設

 

人柄やエピソード

近 藤 壌 太 郎(追想集糸賀一雄より)

 糸賀君は私が滋賀県知事の時、秘書課長になってもらった。そのころ、私は、知事の告示や訓示がいかにも紋切型でつまらないと思っていた。ところが大阪府知事のだけは例外なので、聞くと、府庁に嘱託としてつとめている、語学も達者な教養の高い人物が書くということであった。そこで私も考えて、旧制中学校の漢文の先生に書いてもらった。ところがこれはむずかしくて一般にはわからないのでやめた。そこに糸賀君が秘書課長に来て書いてくれた。思想あり、信念あり、文才ありで私は大いに助かった。彼の書いた訓示を読む時など思わず力がこもったものである。
今から思うと、私もいろいろやかましいことを糸賀君に要求したが、糸賀君はそれをハッシと受けとめてよく勉強してくれた。
糸賀君は役人をやっても役人くさくなく、宗教を説いても宗教家くさくなく、教育をやっても教員くさいところがなかった。いつも生地の人間まる出しで事に当った。
糸賀君は実業家にしても、きっと成功した人だと思われる。それほどの才覚をもっていたからこそ、あれほどの大事業を成しとげたのだ。それでいて少しも事業家らしいところがなかった。これは考えてみると貴重なことである。というのは、単なる才覚ではない。糸賀君は誠実の人であった。何をやるにも誠心誠意であった。これが糸賀君に人の出来ないあの大事業をやりとげさせたのだ。
糸賀君は情に厚い人であった。しかも自分にきびしい人であった。そのきびしさが、ひるがえって入に対するやさしさとなってあらわれたのである。彼の晩年一といっても五十そこそこの若さだったがーの顔には、すべての人をつっみこむ、ひろびろとした柔和さがあった。まさに慈眼愛語であった。
もう三回忌か。早いものだ。

福祉の思想 (NHKブックス)

新品価格
¥1,048から
(2018/4/21 08:40時点)

障害福祉の父 糸賀一雄の思想と生涯

新品価格
¥1,944から
(2018/4/21 08:41時点)

復刊 この子らを世の光に 近江学園二十年の願い

中古価格
¥2,430から
(2018/4/21 08:41時点)

U-CANの社会福祉士 おぼえて差がつく! よくでる人物88 (U-CANの資格試験シリーズ)

新品価格
¥1,490から
(2018/5/4 14:54時点)

sponsored link

down

コメントする






sponsored link