satoon

社会福祉士コラム

2024/2/25

【社会福祉士】日本の家族関係はどのように変化するのか?その変化が家族にもたらす課題とは。

この記事では、現代日本の家族の在り方を家族関係の視点から外観し、今後家族関係はどのように変化していくのか、またその変化が家族にどのような問題を起こすのかついて述べる。考え方の一例として参考にしてください。 これまでの家族の変化 現代の日本において家族関係をみる上で、まずは家族を構成する世帯の変化や家族に関する意識をとらえる必要がある。 まず世帯に関して1世帯(入所施設等で生活する世帯(施設等世帯)を除く一般世帯)当たり人員の推移は1990年の2.99人から2015年の2.33人まで減少し、この間、世帯人員 ...

社会福祉士コラム

2024/2/25

【社会福祉士】現代社会において社会保障(制度)が果たしている役割とは?

この記事では、現代社会において社会保障(制度)が果たしている役割について述べる。考え方の一例として参考にしてください。 社会保障(制度)の定義 我が国における社会保障費は増大しており、日々その存在感は増している。しかし、社会保障の範囲は幅広く、その存在は漠然としている。そのため、まずは、我々の生活の変化と合わせて社会保障制度が果たしている役割、機能について整理したい。 まずは社会保障を社会保障制度と理解してその定義を整理する。「社会保障制度に関する勧告」(社会保障制度審議会:1950)では、社会保障制度を ...

社会福祉士コラム

2024/2/25

【社会福祉士】地域包括ケアシステム、期待される効果と課題とは?

この記事では、地域包括ケアシステムの概要と、期待される効果と課題について述べる。考え方の一例として参考にしてください。 地域包括ケアシステムの概要 地域包括ケアシステムの始まりは、1974年に病院を退院後寝たきりになってしまうケースが多いという理由から始まった、広島県御調町における訪問看護、訪問リハビリ等の在宅ケアによる寝たきりゼロ作戦であった。地域包括ケアシステムを保健(予防)、医療・介護・福祉の連携システムとしている。山口(2013)は「従来医療は病気の治療に偏っていたきらいがある。本来、医療とは治療 ...

社会福祉士コラム

2024/2/25

【社会福祉士】条約や法律から見る”障害者差別をなくすこと”とは?

この記事では、障害者権利条約、障害者基本法、障害者差別解消法における障害者差別をなくすことに関連する点を概観し、その後自身の考えを述べる。考え方の一例として参考にしてください。 障害者権利条約、障害者基本法、障害者差別解消法における障害者差別をなくすことに関連する点 障害者の権利に関する条約(以下、障害者権利条約)は2006年に国連総会で採択され、合理的配慮の否定を含む障害を理由とするいかなる差別も、人間の固有の尊厳及び価値を侵害するものとして禁止している。 障害者基本法については障害者権利条約に批准する ...

社会福祉士コラム

2024/2/25

【社会福祉士】地域や生活空間へ出向いて相談援助を展開するアウトリーチの必要性は?

この記事では、児童虐待を中心にアウトリーチの必要性を述べる。考え方の一例として参考にしてください。 アウトリーチはなぜ必要か? アウトリーチはクライエントから相談されることを待つのではなく、地域や生活空間へ出向いて相談援助を展開することである。具体的な機能としては、ニーズの掘り起こし、情報提供、サービス提供、地域づくりが挙げられる。 対象となるのは、自ら援助を求めてないクライエントであり、非自発的クライエントや接近困難なクライエントと呼ばれる。我が国では申請主義が採用されており、そのような中では援助を求め ...

社会福祉士コラム 試験対策

2024/2/25

【社会福祉士】生活保護におけるお恵みから権利への転換とは? 戦前の救護法と戦後直後の旧生活保護法との制度内容の比較

この記事では、救護法、旧生活保護法、現行生活保護法の制度内容等を比較してその変遷を述べる。考え方の一例として参考にしてください。 救護法から生活保護法へ 1932年に施行された救護法は、それまでの恤救規則に代わるものであり、対象を明確に規定し、初めて国家が貧困という間題に対して責任をもつことになった。また、救護機関や救護の種類などを明確化したことや、補助金という形でありながらも国の費用負担について定めたことなどの点が、血救規則から前進したものである。しかし、対象を制限している点(制限扶助主義)や、保護請求 ...

通信課程

2024/2/25

【社会福祉士】ノーマライゼーションおよびリハビリテーションの理念とは?

この記事では、ノーマライゼーション及びリハビリテーションの基本的な考え方を概観し、それらを実現するための取り組み及び課題を考察する。考え方の一例として参考にしてください。 ノーマライゼーションの考え方 バンク・ミケルセンはノーマライゼーションを「障がいのある人たちが、障がいがありながらも普通の生活が出来る社会環境をつくること」と定義している。これは、障害がある人々側が変わるのではなく、社会環境側が障がいのある人々に対してノーマルであるべきという考え方である。バンク・ミケルセンは知的障害者の親の会と共に運動 ...

通信課程

2024/2/25

【社会福祉士実習】ソーシャルワーク専門職としての自己覚知とは?

この記事では、相談援助演習の学習の開始期(以下、学習開始期)と現在の対比で①「ソーシャルワーク専門職としての自己覚知」の意味や意義の理解、②ソーシャルワーク専門職にとって自己覚知が必要な理由についての2点を述べる。考え方の一例として参考にしてください。 社会福祉士通信課程に通われている方対象の企画を進めています。興味のある企画についてご回答ください。現役社会福祉士による座談会。現役社会福祉士を呼んで実情や現場に関する情報についてざっくばらんにお答えします。(WEBにて開催)現役社会福祉士による指導が受けら ...

キャリア

2024/2/25

社会福祉士を目指す大学生が気をつける5つのこと

社会福祉士の受験資格を得られる大学は数多くあります。一般的な流れとしては、1、2年生で受験資格に必要な単位を取得し、3年生で実習を終え、4年生で就職活動、卒業論文、社会福祉士国家試験があります。この試験に合格して社会福祉士として登録を済ますことによって、社会福祉士と名乗ることできます。 大学で社会福祉士の養成課程を卒業した経験から、これから社会福祉士を目指す大学生へ少しばかりのアドバイスをさせていただきたいと思います。 関連記事:社会福祉士とは何か 最初から気を張りすぎないこと 1年生の時は誰しもやる気に ...

通信課程

2023/6/19

【社会福祉士実習】スーパービジョンってなにをするの?内容や実施する意味について

実習指導者がソーシャルワーク実習のプログラムを組む際、毎週1回程度は組み込んでいるスーパービジョン。名称自体はよく聞くけれど、実際にどんなことが行われているのか分からないという実習生も多いかと思います。 そこで今回は、ソーシャルワーク実習で行われるスーパービジョンの内容や実施する意味について、詳しく解説します。 社会福祉士通信課程に通われている方対象の企画を進めています。興味のある企画についてご回答ください。現役社会福祉士による座談会。現役社会福祉士を呼んで実情や現場に関する情報についてざっくばらんにお答 ...