Majiriki

今、福祉の仕事を広めよう

【あの人はどんな人?】シーボーム・ラウントリー ヨーク市調査を行ったチョコレート会社の御曹司

time 2017/03/26

【あの人はどんな人?】シーボーム・ラウントリー ヨーク市調査を行ったチョコレート会社の御曹司

sponsored link

■人名、出身国、生没年

ベンジャミン・シーボーム・ラウントリー イギリス 1871ー1954年

 

■実績

チャールズ・ブースが行ったロンドン調査に影響を受け、その36年後である1899年にヨーク市に在住していた約75,000人の労働者全員を対象に、私財を投じて生活調査を行い、1901年に「貧困ー都市生活の研究」として発表した。ラウントリーは、その中でブースが定義した生活するために必要最低限の支出額や所得額である貧困線を栄養学や生理学などの科学的な面からより明確に定義し、のちの生活保護の基準にも大きな影響を与えた。

 

■人柄

 彼の父であるジョセフ・ラウントリーは数百人の社員を抱える食品会社を経営していたが、当時の経営者の多くが従業員を道具としたのとは異なり、人格を持った存在として扱うことを考え、労働環境の改善などに力を注いだ。この父の労働者に対する理念がラウントリーが行った貧困調査にも反映されていると言える。

 

■エピソード

 チャールズ・ブースが莫大な私費を投じて行ったロンドン市内の貧困調査に影響を受けたベンジャミン・シーボーム・ラウントリーは、1899年に個人でヨーク市に住む約7万5千人の労働者全員に対して貧困調査を行った。ラウントリーは、カレッジを卒業したのちに父であるジョセフ・ラウントリーが経営していたチョコレート会社の重役として会社経営に携わっていたが、経営を行いながらも社会学の研究にも没頭し、父の経営者としての人格を持つ存在としての従業員に対する理念を元にヨーク市の市民の生活状況の調査を行ったのである。ラウントリーが行った生活調査では、ブースが行った調査に加えて食品会社を経営していることで得た栄養学や食品に関する知識を入れることで、より科学的客観的に貧困線を定義づけ、発展するイギリスの市民の多くが貧困状態であることを数字として示し、その後のイギリスの社会制度の理念となったベヴァレッジレポートに影響を与えることになったのである。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link