Majiriki

今、福祉の仕事を広めよう

【あの人はどんな人?】ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジ イギリスの終戦後の社会保障に関する報告書

time 2017/03/19

【あの人はどんな人?】ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジ イギリスの終戦後の社会保障に関する報告書

sponsored link

ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジ

 

■人名、出身国、生没年

ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジ イギリス 1879-1963

 

■実績

第二次世界大戦中のイギリスで1942年に出版された「ベヴァリッジ報告 社会保険及び関連サービス」において、それまでは慈善事業家たちが自発的な活動として担っていた機能を、社会保障として国家が国民に対して権利として与える制度(ナショナルミニマム)とする考え方を示すことで、戦後のあるべき社会保障のビジョンを描き出した。

 

■人柄

裁判所判事である父と慈善事業家である母との間に生まれたにベヴァリッジは、弁護士を目指していたが、人類全体として生き、また生きがいを感ずる条件は何かという問題について日増しに考えるようになり、社会福祉への道へと進んで行った。

 

■エピソード

第二次大戦中にチャーチルが戦後の社会保障制度を再構築するためにベヴァリッジを議長とした委員会を設置し、イギリスの終戦後の社会保障に関する報告書、いわゆるベヴァレッジ報告書がまとめ上げられたが、当初ベヴァレッジは議長への就任を渋っていた。しかし、イギリス政府の処遇に対する反発から社会保障の革命的な改革案の作成に着手していくことになるのである。委員会には官僚たちも参加していたが、その内容に責任を負うことができないということで、アドバイザーとしての従事にとどまり、最終的にはベヴァリッジのみが署名を行った。また、ベヴァリッジはその内容がないがしろにされないように、自身で広報活動を行い、その結果として国民の改革への期待を高めることにつながり、「ゆりかごから墓場まで」と言われた、イギリスの戦後における革新的な社会保障政策の形成に大きな影響を与えただけでなく、世界の社会保障政策にも多大影響を与えていくことになったのである。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link