子ども

福祉の仕事

放課後デイサービスの指導補佐の魅力

それぞれの個性を理解し、どうしたら周囲と上手くコミュニケーションを取れるのか、どうしたらいいところを伸ばせるのか、なぜルールを守るといいのか、そういった様々な療育をすることで、発達障害の子ども達が生きやすくなる可能性のある仕事だということが、大変魅力を感じるところです。
福祉の仕事

児童養護施設の児童指導員の魅力

大人をはじめ周囲の人間に対して不信感を抱いて入所している子どもが多く、はじめはうまく関係を築けないこともあります。それでも、思いっきり一緒に遊ぶこと、必要時には根気よく注意すること、まずは話をしっかり受け止めること等、真剣に向き合う姿を見せ、伝えることで、子どもたちが変わってくれるところは魅力的で、とてもやりがいを感じました。
福祉の資格

児童発達支援事業所の児童指導員の魅力

同一の職場で別の仕事をしていましたが、発達支援の部門があり男手が足りないという理由で声がかかりました。
福祉の資格

保育園の保育士の魅力

小さい頃から保育士として働く母の姿を見ていて、興味や憧れはずっと持っていましたが、両親は仕事の大変さや給料・待遇を考えると、別の仕事の方がいいのでは?とあまり賛成はしていませんでした。
タイトルとURLをコピーしました