社会福祉士

福祉の資格

第33回社会福祉士国家資格の合格ライン・ボーダーを予想する

2021年2月7日(日)に第33回社会福祉士国家資格の試験が行われました。 受験された方はお疲れさまでした。合格ラインを予想します。
福祉の資格

第32回社会福祉士国家資格 ついに合格発表!合格基準とその推移

2020年3月13日(金)に令和最初の社会福祉士国家資格の合格発表が行われました。 2月に試験が行われてからドキドキ・ワクワクして待っていたことでしょう。 合格基準が150点中の『60%程度』であるため、合格基準となる点数が毎年異なります。
福祉の資格

第32回社会福祉士国家資格の合格ライン・ボーダーを予想する

2020年2月2日(日)に令和最初の社会福祉士国家資格の試験が行われました。 満足に試験に臨めた方、そうではなかった方どちらもいるとは思います。 合格発表は3月ですので、これから1ヶ月が空くわけですがドキドキしながら待ちましょう。
福祉の資格

第31回社会福祉士国家資格の合格発表がされました!気になる合格ラインは何点?

3月15日(金)に社会福祉士国家資格の合格発表が行われました。待ちに待った合格発表です。試験が終わってから合格ラインが気になって仕方がなかった方も多いのではないでしょうか?結果を見ていきたいと思います。
福祉の仕事

介護老人保健施設の相談員の魅力

毎日色々な悩みや相談を受け、時には苦情の対応をし、時には渉外活動を行いに外出するよう、決して楽な仕事ではありません。毎日悩むことも多いですが、利用者の方や家族の方から感謝の気持ちを頂くと、この仕事を続けていて良かったなと思います。
福祉の仕事

施設(養護老人ホーム)支援相談員の魅力

支援相談員の仕事は、簡単に言うと利用者とその家族の双方にとって幸せな生活となるようにサポートしていくことです。特に、私が勤務する養護老人ホームでは、経済面で生活保護を受けているなどと経済的な余裕がないこと、65歳以上の高齢者であること、身体的な介護を必要でないことなどが入所要件となります。
福祉の資格

第31回社会福祉士国家資格の合格ラインを予想する 試験問題の考察

2月3日(日)に社会福祉士国家資格の試験が行われました。 合格発表は3月ですので、これから2ヶ月が空くわけですが合格ラインについて試験問題を踏まえて予想したいと思います。
福祉の仕事

施設(サービス付き高齢者向け住宅)相談員の魅力

元々、現場で業務をする介護職員でしたが、相談業務に興味があり、ケアマネージャー資格も勉強していました。現場仕事のみだと、なんとなく視野が狭くなる気がしていたのです。
福祉の資格

社会福祉士の資格におけるメリットは?資格保有者の体験談

社会福祉士の資格保有する方は相談員として働くことが多いかと思います。ただし、業務独占ではないので資格を持っている必要はありません。じゃあなんでこの資格を取るのか?その疑問を体験談を通して解決したいと思います。
福祉の資格

社会福祉士に求められる役割 今後の課題等について

最近では、高齢化社会に伴う弊害や、福祉ニーズの変化等に伴い、社会福祉士の活躍の場は、高齢者支援、障害児・者支援、子ども・子育て支援、生活困窮者支援といった分野のみならず、教育や司法などの様々な分野に拡がってきています。
タイトルとURLをコピーしました