イギリス

福祉の資格

【試験対策】知っておきたい、イギリスの社会保障制度の発展における歴史的背景 1531年法からエリザベス救貧法に至るまで

羊毛取得を目的とした囲い込みなどが原因で職を失った人々は都市部へ移住しました。その結果、人口増加によって浮浪者が街には溢れていました。しかも宗教改革によって、貧困は怠惰といったイメージが定着していくこととなります。生活のために盗みを働く者、イライラのため暴動を起こす者など増大した浮浪者によって都市部の治安は悪化し、国は頭を抱えることとなります。
福祉の資格

【試験対策】知っておきたい、イギリスの社会保障制度の発展における歴史的背景 救貧法(1531年法)に至るまで

社会福祉士の試験において、制度を問われる問題が多数出題されます。しかし、年号と制度の内容だけを覚えるのはとても大変です。史的背景を把握しておくことで、なぜその制度が必要となったのか、どのように内容が変化したのかも理解しやすくなります。今回はイギリスの救貧法(1531年制定)までの歴史をできる限りわかりやすく記載します。
福祉の資格

【社会福祉士】ウェッブ夫妻 ナショナル・ミニマムの提唱者

ウェッブ夫妻(夫:シドニー・ウェッブ、妻:ビアトリス・ウェッブ)夫妻ともにイギリスの社会学者、経済学者、フェビアン主義の理論的指導者
福祉の資格

ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジ イギリスの終戦後の社会保障に関する報告書

第二次世界大戦中のイギリスで1942年に出版された「ベヴァリッジ報告 社会保険及び関連サービス」において、それまでは慈善事業家たちが自発的な活動として担っていた機能を、社会保障として国家が国民に対して権利として与える制度(ナショナルミニマム)とする考え方を示すことで、戦後のあるべき社会保障のビジョンを描き出した。
タイトルとURLをコピーしました