試験対策

福祉の仕事

【社会福祉士】生活保護法の基本原理と生活保護実施の4原則とは何か?

生活保護法における国民が等しく理解し厳守しなければならない基本原理と原則については、生活保護法第1条から第4条に4つの原理を、そして第5条から第8条に4つの原則が定められています。
福祉の資格

社会福祉士試験にはどのテキストを使えば良い?テキスト比較と使用者レビュー掲載

社会福祉士試験に臨む多くの方が悩むところだと思います。過去問対策や教科書的な書籍など様々ありますので、代表的なテキストを比較しながら使用者のレビューを掲載したいと思います。
福祉の資格

【社会福祉士】対人援助に必要なアセスメントについて

アセスメントとは、収集された情報の全体をみて、何を、どのようにとらえるか・評価するかということです。クライエントの問題・課題を捉えなければならいソーシャルワーカーにとって重要な技能と言えるでしょう。
福祉の資格

【社会福祉士】量的調査法における4つの尺度水準 社会調査の基礎

尺度とは、身長や体重のような数字や性別等の分類といった変数の属性のことであり、量的調査やデータ分析において欠かすことが出来ないものです。しかし、社会福祉士を目指す方にはあまりなじみがないこともあり、尺度といってもピンとこない方は多いと思います。
福祉の資格

【社会福祉士】ソーシャルワークの方法を確認しよう 3つの分類 直接援助、間接援助、関連援助 

個別援助技術とは、利用者(生活課題を抱える個人や家族)を対象に援助者(ソーシャル・ワーカー)が個別の関わりを駆使しながら問題解決を図る技術である。19世紀後半にイギリスで萌芽し、20世紀初頭にアメリカ合衆国で発達し、リッチモンドによって体系化されたものです。
福祉の資格

地域福祉、社会福祉協議会、中央事前協会、市町村地域福祉計画、地域福祉活動計画、セツルメント、慈善組織協会(COS) 用語理解

地域福祉、社会福祉協議会、中央事前協会、市町村地域福祉計画、地域福祉活動計画、セツルメント、慈善組織協会(COS) 用語理解の概略を解説します。
福祉の資格

【社会福祉士】マッピング技法(ジェノグラム、エコマップ)について

マッピング技法は、援助者が社会福祉サービス利用者の抱えている問題を共に解決していくため、そこに関わる様々な人々や社会資源、また家族内関係の相互作用をわかりやすい形で描き出していく図式法です。作成はさまざまな「記号」や「関係線」を用いることにより、複雑な相互関係の全容が一見でわかりやすく明らかになります。そのため、状況改善にむけた手がかりがつかみやすいこと、情報を共有しやすいという利点があげられます。
福祉の資格

【社会福祉士】残り1週間の勉強方法、おすすめは?

残すところあと1週間!どんな勉強方法がいいのでしょうか? おすすめするのは、とにかく問題を多く繰り返すこと。
タイトルとURLをコピーしました