心理学理論と心理的支援

福祉の仕事

【社会福祉士】エリク・ホーンブルガー・エリクソン 心理社会的発達理論の提唱者

精神分析学者であったエリク・エリクソンは、人の精神発達を考える上で重要な理論の一つとされる心理社会的発達理論を提唱した。この理論は、ライフサイクル理論とも呼ばれているが、人が生まれてから成長していく過程を8段階の発達段階に分け、それぞれの段階において達成すべき発達課題と心理社会的危機を設定し、それらの課題をどのように解決するかあるいは解決できないかが、その後の人格形成に大きな影響を及ぼすとされている。
福祉の資格

【社会福祉士】ジークムント・フロイト 精神分析学の創始者

フロイトは、人間心理の理論と治療技法を体系化した精神分析学の創始者である。フロイトは、精神分析を「抑圧された心的なものを意識化すること」と定義し、患者の症状を合成物として分析することで症状を構成する衝動を見つけ出し、患者自身がその衝動について意識化できるようにするための働きかけが分析であると述べた。
福祉の資格

【社会福祉士】ジャン・ピアジェ アインシュタインに称えられた天才

スイスの発達心理学者であるジャン・ピアジェは、子供の認知機能の発達を科学的なアプローチで明らかにした発達理論を提唱し、さらに質問と診断による臨床的な研究方法を確立した。
タイトルとURLをコピーしました