家庭環境と障害と保育

福祉の事件

【小説風事例紹介】失敗して学ぶ、格好良くなれた? 知的障害のあるUさんの自立に向けた就労支援

私は当時、障がい者の多機能型支援所で就労継続B型就労支援員をしていました。Uさんとの出会いは就労継続B型の実習希望がきっかけで、児童養護施設の延長措置として入所されている19歳の男性でした。
保育の仕事

【小説風事例紹介】家庭環境と障害と保育

N君が、私の働く保育園に入園してきたのは、年中児になる4月でした。母親と3歳離れた弟と3人家族で、離婚して母親の実家に、引っ越してきたのでした。私が、初めてN君に会ったのは、入園前の面談の時でした。年中児の担任が決まっていたので、私はN君の、性格や好きな遊び、生活習慣など細かく聞き、保育する上での対応を、考えなければいけませんでした。
タイトルとURLをコピーしました