ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジ

福祉の資格

ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジ イギリスの終戦後の社会保障に関する報告書

第二次世界大戦中のイギリスで1942年に出版された「ベヴァリッジ報告 社会保険及び関連サービス」において、それまでは慈善事業家たちが自発的な活動として担っていた機能を、社会保障として国家が国民に対して権利として与える制度(ナショナルミニマム)とする考え方を示すことで、戦後のあるべき社会保障のビジョンを描き出した。
タイトルとURLをコピーしました