試験攻略

福祉の資格

【社会福祉士】最新法改正にも対応!第34回社会福祉士国家試験の出題ポイント!

第34回社会福祉士国家試験のポイントとしまして、これまでの試験で出題された問題から出題傾向を分析し、最新の法改正にも注目した形で、解説していきます。
福祉の資格

【社会福祉士】学習だけじゃない、試験前に知っておきたい、考えておきたいこと

学習はばっちり、あとは試験を受けるだけ。そんな状態の方が多いと思いますが社会福祉士試験への対策は学習だけではありません。試験前に知っておきたいこと、考えておきたいことが多くあります。
福祉の資格

【社会福祉士】対人援助に必要なアセスメントについて

アセスメントとは、収集された情報の全体をみて、何を、どのようにとらえるか・評価するかということです。クライエントの問題・課題を捉えなければならいソーシャルワーカーにとって重要な技能と言えるでしょう。
福祉の資格

【社会福祉士】マッピング技法(ジェノグラム、エコマップ)について

マッピング技法は、援助者が社会福祉サービス利用者の抱えている問題を共に解決していくため、そこに関わる様々な人々や社会資源、また家族内関係の相互作用をわかりやすい形で描き出していく図式法です。作成はさまざまな「記号」や「関係線」を用いることにより、複雑な相互関係の全容が一見でわかりやすく明らかになります。そのため、状況改善にむけた手がかりがつかみやすいこと、情報を共有しやすいという利点があげられます。
福祉の資格

【試験対策】知っておきたい、イギリスの社会保障制度の発展における歴史的背景 1531年法からエリザベス救貧法に至るまで

羊毛取得を目的とした囲い込みなどが原因で職を失った人々は都市部へ移住しました。その結果、人口増加によって浮浪者が街には溢れていました。しかも宗教改革によって、貧困は怠惰といったイメージが定着していくこととなります。生活のために盗みを働く者、イライラのため暴動を起こす者など増大した浮浪者によって都市部の治安は悪化し、国は頭を抱えることとなります。
福祉の資格

【試験対策】知っておきたい、イギリスの社会保障制度の発展における歴史的背景 救貧法(1531年法)に至るまで

社会福祉士の試験において、制度を問われる問題が多数出題されます。しかし、年号と制度の内容だけを覚えるのはとても大変です。史的背景を把握しておくことで、なぜその制度が必要となったのか、どのように内容が変化したのかも理解しやすくなります。今回はイギリスの救貧法(1531年制定)までの歴史をできる限りわかりやすく記載します。
福祉の資格

【試験対策】(現行)生活保護法(せいかつほごほう)

1950年(現行)生活保護法(せいかつほごほう)は社会福祉士の試験において頻出単語ですので、必ず覚えておきましょう。現行制度として扶助内容もあわせて覚えておくと良いと思います。
福祉の資格

【過去問解説】第29回 現代社会と福祉 23問

0ECDの「より良い暮らしイニシアチブ」で用いられる(より良い暮らし指標)Better Life Index: BLI)の内容として,正しいものを1つ選びなさい。
福祉の資格

【過去問解説】第29回 現代社会と福祉 22問

セン(Sen, A.)が提唱した「潜在能力(capabilities)」に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。
福祉の資格

【試験対策】救護法(きゅうごほう)

この時代は、第一次世界大戦後の不況、関東大震災、金融恐慌など、国民生活に打撃を与える経済状況が相次ぎました。それによって引き起こされる社会問題は明治初期の恤救規則で対処できないことが明らかとなったため恤救規則に代わって1929年に救護法が制定されました。
タイトルとURLをコピーしました