魅力

福祉の仕事

放課後デイサービスの児童指導員の魅力

私は、児童指導員として放課後等デイサービス事業に関わっています。週に2日、その日の活動日程を考え、スケジュールを作成しています。子どもたちそれぞれの特性を考え、個人の時間、集団の時間を設け集団の時間ではどのような内容を行うか考えます。
介護の仕事

特別養護老人ホームの介護職の魅力

私の勤務している特別養護老人ホームは体の不自由な人はもちろんですが、重度の認知症の人もたくさんいます。家族であっても「自分のことも分かっていないから」とコミュニケーションを取ることが出来ないような人も少なくはありません。
福祉の仕事

介護老人保健施設の相談員の魅力

毎日色々な悩みや相談を受け、時には苦情の対応をし、時には渉外活動を行いに外出するよう、決して楽な仕事ではありません。毎日悩むことも多いですが、利用者の方や家族の方から感謝の気持ちを頂くと、この仕事を続けていて良かったなと思います。
福祉の仕事

放課後デイサービスの指導補佐の魅力

それぞれの個性を理解し、どうしたら周囲と上手くコミュニケーションを取れるのか、どうしたらいいところを伸ばせるのか、なぜルールを守るといいのか、そういった様々な療育をすることで、発達障害の子ども達が生きやすくなる可能性のある仕事だということが、大変魅力を感じるところです。
福祉の仕事

施設(養護老人ホーム)支援相談員の魅力

支援相談員の仕事は、簡単に言うと利用者とその家族の双方にとって幸せな生活となるようにサポートしていくことです。特に、私が勤務する養護老人ホームでは、経済面で生活保護を受けているなどと経済的な余裕がないこと、65歳以上の高齢者であること、身体的な介護を必要でないことなどが入所要件となります。
福祉の仕事

施設(サービス付き高齢者向け住宅)相談員の魅力

元々、現場で業務をする介護職員でしたが、相談業務に興味があり、ケアマネージャー資格も勉強していました。現場仕事のみだと、なんとなく視野が狭くなる気がしていたのです。
タイトルとURLをコピーしました