発達障害

福祉の仕事

放課後デイサービスの指導補佐の魅力

それぞれの個性を理解し、どうしたら周囲と上手くコミュニケーションを取れるのか、どうしたらいいところを伸ばせるのか、なぜルールを守るといいのか、そういった様々な療育をすることで、発達障害の子ども達が生きやすくなる可能性のある仕事だということが、大変魅力を感じるところです。
福祉の資格

児童発達支援事業所の児童指導員の魅力

同一の職場で別の仕事をしていましたが、発達支援の部門があり男手が足りないという理由で声がかかりました。
障がい

【療育体験】発達障害を持つ我が子。毎日少しずつの「出来る」を増やすことが大切。

次男が発達に遅れがあると指摘されたのは、3歳の頃に通っていた保育園で言われました。何となくは、そうかも知れない。と私は思っていましたが、まだ幼少でもあるし、個人差はあるから様子を見ていよう。と思っていました。
タイトルとURLをコピーしました