認知が始まってきた様子のボランティアKさん

福祉事例連載

【小説風事例紹介】認知が始まってきた様子のボランティアKさん

私の働いている地域福祉課には、ボランティアセンターというものが併設されています。通称ボラセンと呼ばれるこちらのセンターは、ボランティア活動をしたいと考えている方と、ボランティアでこういうことをしてほしい…と困りごとを抱えている方の間に入り、両者を繋ぐ橋渡しとなることを主な役割としています。
タイトルとURLをコピーしました