視覚障害

福祉の仕事

【小説風事例紹介】Hさんの盲目の世界での生き甲斐

Hさんは30歳の頃までは何の障害もなく農協で働いていた方でした。30歳の頃に視野狭窄と視力低下の症状が見受けられた事から病院を受診すると、網膜色素変性症という遺伝子系統の病気であると診断を受けました。
タイトルとURLをコピーしました