社会調査の基礎

福祉の資格

【社会福祉士】量的調査法における4つの尺度水準 社会調査の基礎

尺度とは、身長や体重のような数字や性別等の分類といった変数の属性のことであり、量的調査やデータ分析において欠かすことが出来ないものです。しかし、社会福祉士を目指す方にはあまりなじみがないこともあり、尺度といってもピンとこない方は多いと思います。
タイトルとURLをコピーしました