介護殺人

介護の仕事

【忘れない】介護殺人と温情裁判、その後は・・・

2006年2月1日、京都市伏見区の桂川の遊歩道で、区内の無職の長男(事件当時54歳)が、認知症の母親(86歳)の首を絞めて殺害、自身も死のうとしたが未遂に終わった。"裁判が終わっても生活は終わらない"ということを私たちは忘れてはいけない。
タイトルとURLをコピーしました