住み慣れた家と認知症のGさん

介護の仕事

【小説風事例紹介】住み慣れた家と認知症のGさん

Gさんは昔ながらの大きなお屋敷で一人暮らしをしていました。ご主人に先立たれて1年ほど経ってから、ひどい物忘れや新しい予定をこなせなくなる等の症状が見られるようになり、認知症の診断を受けました。
タイトルとURLをコピーしました