デイサービス

福祉の仕事

【小説風事例紹介】Hさんの盲目の世界での生き甲斐

Hさんは30歳の頃までは何の障害もなく農協で働いていた方でした。30歳の頃に視野狭窄と視力低下の症状が見受けられた事から病院を受診すると、網膜色素変性症という遺伝子系統の病気であると診断を受けました。
福祉の仕事

【小説風事例紹介】Kさんが望む当たり前の環境とは?家族に囲まれた幸せな最期を過ごしたKさん

私が認知症対応型の通所介護(デイサービス)にて生活相談員兼介護職として働いていた頃の話です。Kさんは月曜日から金曜日は私が所属していたデイサービスへ来所され、土曜日、日曜日は別のデイサービスを利用していました。
福祉の仕事

【小説風事例紹介】寡黙なKさんの不器用な優しさ

これは私が20人定員の認知症対応型デイサービスで生活相談員をしていた時の話です。 そこには元消防職員でいつも杖をつき、寄り添い介助を必要とする93歳の男性ご利用者様のKさんがいました。Kさんは有料老人ホームに入所しており、月曜日から金曜日までの5日間はデイサービスを利用されていました。
介護の仕事

【現場の不満】この仕事量でこの給与って・・・

私が勤めているのはグループホームであり、認知症の方の生活を支える施設である。利用者は1フロアに9人。私は食事や入浴、排泄、レクリエーションなどを行っている。勿論、相手は認知症なのだから、介助しようにも嫌がれることも多く、そういう時は根気強く、けれど優しく接しなければいけない。
介護の仕事

【現場の不満】命の危険と隣り合わせ。その実態。

人命にかかわる仕事にも関わらず、認識が甘い経営者がいることが残念です。私が務めているデイサービスの経営者はフランチャイズで経営を始めた、福祉未経験の中年男性です。面接の時に「介護福祉士って何?」と聞かれたことが今でも忘れられません。
タイトルとURLをコピーしました