Iさんの夢

介護の仕事

【小説風事例紹介】Iさんの夢

私が勤めていた事業所では小規模多機能ホームでサービスを提供し、在宅生活が難しくなってくれば、無理をせずに同法人で経営する入居施設に繋げるというケースが多数でした。Iさんはその逆に近いパターンで、他法人の施設から自宅に戻り、小規模多機能ホームを利用することになりました。同居して世話をしていた娘さんが病気を罹ってしまってIさんにまで手が回らなくなり、入居に至ったそうです。
タイトルとURLをコピーしました