不満

介護の仕事

【現場の不満】この仕事量でこの給与って・・・

私が勤めているのはグループホームであり、認知症の方の生活を支える施設である。利用者は1フロアに9人。私は食事や入浴、排泄、レクリエーションなどを行っている。勿論、相手は認知症なのだから、介助しようにも嫌がれることも多く、そういう時は根気強く、けれど優しく接しなければいけない。
介護の仕事

【現場の不満】モンスタークレーマー 娘は母の事だけを信じる

モンスターペアレントという言葉が近年広がっているが、これは親が学校教員に対して理不尽な要求、クレーム等を行う時に用いられる。このモンスターの部分が派生して、学校以外でも理不尽で身勝手な要求をする人の事を俗にモンスタークレーマーと呼ぶ事があるのだ。介護の世界でも、このモンスタークレーマーは多く存在している。
介護の仕事

【現場の不満】もう辞めます。

私は、何の資格を持たずに有料老人ホームで働き始めました。もちろんいずれは、介護職員初任者研修を受ける予定です。今、介護の現場は圧倒的に人材不足ですから、資格がなくても、初任者研修を受けていなくても簡単に職には付けます。そのため、ケアマネージャーをやっている友人に色々と話を聞いて、パートとして働き始めました。
介護の仕事

【現場の不満】命の危険と隣り合わせ。その実態。

人命にかかわる仕事にも関わらず、認識が甘い経営者がいることが残念です。私が務めているデイサービスの経営者はフランチャイズで経営を始めた、福祉未経験の中年男性です。面接の時に「介護福祉士って何?」と聞かれたことが今でも忘れられません。
介護の仕事

【現場の不満】必要な仕事、でも下っ端

介護職員は看護師さん達が仕事(医療行為)に集中できるよう、様々な仕事をこなします。しかし資格が不要であり、言い換えれば誰でもできることを中心に行います。そのため、医療機関における階級社会では、医師を頂点とすると介護職員は最底辺であり、職場の中で最も風あたりが強い立場です。
保育の仕事

【保育士の不満】1人の保護者の要求でクラス全体が

勤務先の保育園では1歳児クラスを担当しています。私が担任で、副担任先生またはパートのサポートの先生が毎日交代で入ってくれる形で毎日の保育を行っています。毎日、2名の保育士で、約10名の1~2歳の子どもを預かっています。
保育の仕事

【保育士の不満】ブラックな保育現場

幼稚園教諭の資格を持っており、無認可保育園に「保育補助」として朝から夕方までパート勤務をしています。現在は1歳~6歳児が一斉に保育されている現場で、子ども達と遊んだり製作をしたり、おむつ替え・公園遊び・食事のお手伝い・朝夕の支度の準備などまんべんなく携わっています。
介護の事件

介護職員不足はイメージの悪さが原因なのか?

要約すれば、介護業界の人手不足に関する記事であり、最大の壁は介護業界に対する悪いイメージであり、データを見れば賃金もそれほど悪くないし、従業員満足度それほど悪くないとのこと。それに養成学校の学費補助もあるしね!だそうだ。
介護の仕事

【現場の不満】利用者からの暴力!事業所・会社の反応は?

認知症の利用者から受けた暴力と言っても一度ではありません。軽いものを含めると、結構な数になります。自分の言っていることを、私たちが行わないと、暴力をふるってくるケースが多いように思えますが、認知症の方ですから、その方が言っていることが正しいことはありません。
介護の仕事

【現場の不満】認知症を理解しない家族の難しさ

認知症の利用者との関わりについては本当に難しいもので、一概に症状が皆同じというわけでもなくて人それぞれ特徴があったりするので、対応は臨機応変にしていかなくてはならないことばかりだと実感しています。また、利用者の家族に認知症をあまり理解してもらえていないようで困っています。
タイトルとURLをコピーしました