Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士 保育士

previous arrow
next arrow
Slider

【現場の不満】条件は経営陣の知り合いや地元の有力者

time 2020/04/21

【現場の不満】条件は経営陣の知り合いや地元の有力者

sponsored link

【現場の不満】条件は経営陣の知り合いや地元の有力者

 

 関連記事:【出版しました】介護職員は叫ぶ!!介護業界はこんなにも理不尽だ  

 

勤務先:小規模多機能型施設

 

私の勤める小規模多機能型施設では、デイサービスだけでなくお泊りにも対応しています。ですが、グループホームと併設していますので泊まりっぱなしというのは基本的にしてはいけないことになっています。

 

なぜなら、利用料金がグループホームよりも安く済んでしまうからです。同じ施設内で受けられるサービスもほとんど一緒なのに、料金に差が出てしまったらご家族にしてみれば不満に繋がってしまいます。

 

ですが、私の働く施設では、特定の条件で泊まりっぱなしというのを許容しています。その条件が、経営陣の親族友人のご家族だったり地元の有力者であるという点です。

 

一般の利用者様の家族には、基本的には泊まりっぱなしというのはお断りさせていただいていますと話をしておきながら、経営陣の知り合いや地元の有力者というだけで簡単に話が通ってしまい、介護度なんかは二の次です。

 

とは言え、年齢相応の認知度の進みもあるので、利用者様本人はそういった事情は把握できていないことがほとんどです。ですが、利用者様同士の会話の中で、泊まりにっぱなしの状態についての話題になることがあり、「泊まりっぱなしができる」とご家族の耳に入ったりすると、その説明がとても大変になったりするのです。

 

それは当然でしょう。認知症を患っている家族をグループホームと同じ待遇で、しかもグループホームより安い金額で利用できるなら誰だってそちらを利用したいと思いますし、利用できないならその理由を知りたいはずです。

 

ですが、「経営陣の知り合いではないのでそのような利用はできません」などと言うことは出来ませんので、その説明や対応に追われてしまうのです。

 

100歩譲ってそのような状況になった時に、経営陣がご家族にきちんと説明すればまだ分からなくもないのですが、頑なに現場へ出ようとはしません。経営と現場は別という考えは理解しているつもりですが、大きくない、というか小さな規模で運営している会社なので、その線引きに意味があるとも思えませんし、そもそも自分たちの巻いた種を現場に処理させているだけなので、なおさら納得などできるわけないという状況です。

 

 関連記事:すさんでいる介護職に読んでもらいたい!小説風の事例集  

 

「不満」の記事
問題ありの職員と同じ待遇は理不尽だ
サービス残業が多すぎる!
万年人手不足の現場で精神的にもギリギリになる介護職員の現実
どうして介護職員だけが…

 

sponsored link

previous arrow
next arrow
Slider

down

コメントする






sponsored link