Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士 保育士

previous arrow
next arrow
Slider

【現場の不満】人手不足なら介護職員の安全はどうでも良いのか?

time 2020/03/29

【現場の不満】人手不足なら介護職員の安全はどうでも良いのか?

sponsored link

【現場の不満】人手不足なら介護職員の安全はどうでも良いのか?

 

 関連記事:【出版しました】介護職員は叫ぶ!!介護業界はこんなにも理不尽だ  

 

勤務先:サービス付き高齢者向け住宅

 

その日は夜勤出勤日でしたが、台風の影響で出勤が困難でした。自宅から職場まで片道1時間。前日から前もって台風の情報は認識済みだったので早めに出勤する予定でした。しかし、いざ当日出勤しようと準備を済ませた段階で、職場がある地域は避難命令が発令されたことをニュースで知りました。

 

これは出勤ができない、命に関わると感じ、職場に電話をしました。電話には副施設長が出ました。出勤しようとしていたところ職場の地域に避難命令がでているのを確認したため大変申し訳ないが休ませてほしいと話をしました。

 

すると副施設長は「あなたと一緒に夜勤をするスタッフはもうすでに出勤している。自分も前日から職場に泊まって出勤している。出勤しなさい。」と言いました。一緒に夜勤するスタッフは職場の比較的近くに自宅があるため、避難命令が出される前に出勤できたのではないか、自宅から職場まで距離のある自分はとても危険を感じる、迷惑をかけることは重々承知だが休ませてほしいと掛け合うと「可能な限り通れる道を探して出勤しなさい。遅くなってもいいから。介護の現場は人手不足なのはわかっているはず。夜勤の仕事を一人に任せるのか。」と言われ泣く泣く台風の中で車を運転し、出勤しました。

 

なんとか出勤はできましたが危険を犯してまで無理に出勤させるこの職場は信頼できないと感じました。

 

一緒に勤務していた夜勤明けの若い男性スタッフは台風が落ち着くまで職場で待たせてほしいと頼んだところ、副施設長にただでさえ狭い施設内に仕事もしないで居てもらうのは困る、気を付けて帰りなさいと言われ、台風で大荒れの状態の中帰ることになりました。

 

そして、自宅に帰る際に車が水没し、廃車となってしまいました。あまりにも代償が大きすぎます。今回は男性スタッフの車が廃車で済みましたが、もしかしたら男性スタッフが災害に巻き込まれ亡くなっていたかもしれない、私自身も出勤中に災害に巻き込まれていたかもしれない。そうなった場合どうしてくれるのだろうか、きっと知らぬ存ぜぬで誤魔化すのだろうと思いました。この職場、副施設長への不信感はさらに増すばかりです。

 

また、ある日のこと、私が仕事終え帰ろうとしていたところ階段でケガをし、右足首捻挫になり普通に歩くことが困難になったときも出勤を促されました。家族からは、そのケガでは仕事にならない、休んだほうがいいと言われ、それもそうだなと感じ、職場でも迷惑をかけるぐらいなら休もうと副施設長へ連絡したところ、「人手不足だ、おむつの交換ぐらいできるだろう」と言われ出勤しました。パンパンに腫れた足首をかばいながら仕事をこなし、仕事仲間からは労災なんじゃないかと言われましたが、あの副施設長では泣き寝入りするしかないのです。

 

 関連記事:すさんでいる介護職に読んでもらいたい!小説風の事例集  

 

「不満」の記事
問題ありの職員と同じ待遇は理不尽だ
サービス残業が多すぎる!
万年人手不足の現場で精神的にもギリギリになる介護職員の現実
どうして介護職員だけが…

 

sponsored link

previous arrow
next arrow
Slider

down

コメントする






sponsored link