【こんな時どうする】オムツ交換を嫌がられる時の対処法 ふくしの声

老人用オムツ 介護の技術

【こんな時どうする】オムツ交換を嫌がられる時の対処法 ふくしの声

グループホームで勤務をしています。オムツの交換に対して拒否がある認知症の高齢者(女性)のBさんという方が入所してきました。Bさんは何をするにも拒否が多く、外出をすることにも拒否が強くグループホームの中ではどちらかと言うと個性の強い方です。

 

そんなBさんですが、トイレまで自立で行くことは出来ますが、用を足した後に汚染したオムツをそのまま履き直してしまいます。そうなると「オムツが汚れているので交換しましょう」と言っても「そんなことはない」と言って全く応じて貰えません。また、女性なりの恥じらいもあり、居室で交換することはやはり難しいため、いつもトイレでの履き替えを逃すと次のトイレまではしばらくそのままでした。

 

ある時、「新しいパンツを持ってきたから試しに履いてみて、Bさんに喜んで欲しくて用意したの」と声掛けを行うと「あらそうなの」と言って、履き替えてもらえました。たったこれだけの声かけですが、Bさんは快く応じてもらえたので驚きました。それからはこのように声かけをすることで、スムーズにオムツの交換が出来るようになりました。

 

このオムツ交換以外にも暴れたりと色々ありましたが、コミニケーションもとれ環境にも慣れてきてからは「こことってもいい場所だねと話してにこやかに施設で生活しています。

 

一緒に過ごした時間はかけがえのないものになると思います。無駄なことはないのでたくさん話してまたあの笑顔がみれたらと常々感じます。

 

「拒否」に関するおすすめ記事

 

認知症の人がスッと落ち着く言葉かけ (介護ライブラリー)

新品価格
¥1,512から
(2018/7/22 15:33時点)

その認知症ケアは大まちがい! (介護ライブラリー)

新品価格
¥1,404から
(2018/7/22 15:34時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました