介護の技術

介護の技術

【こんな時どうする】寂しさが強い高齢者に対する工夫

病院で介護職員として働いています。高齢者の中には年齢的なものか入院による環境の変化からか寂しさや孤独感が強く、介護者を捕まえては離さない方も多くいます。
介護の技術

【こんな時どうする】帰宅願望、時には嘘も必要だ

デイサービスで働いているのですが、利用者のなかにはなぜデイサービスに連れてこられたのか認知症によって混乱されて帰宅願望が強くなられる方が多数います。
介護の技術

【こんな時どうする】認知症の利用者さんと付き合い方

現在、有料老人ホームで介護職員として働いて3年目になります。今私が一番困っていることは、認知症の患者さんとの付き合い方についてです。
介護の技術

【私の仕事術】介護職員として気をつけている3つのこと ふくしの声

皆さんは介護職員としてどのようなことを気にかけていますか。働いていて「これは絶対に守ろう」と思っていることがあるのではないでしょうか。私が仕事をする上で気を付けていることは3つあります。笑顔で話しかけること、気持ちを考えて接すること、敬う気持ちを持つことです。
介護の技術

【こんな時どうする】本当はいただきたいところですが

介護現場で働いてるとよくあるのが、入居者の方から介護者へお菓子などをくださることです。今の高齢者の方々の世代は「もったいない精神」、「なにかしてもらったらお礼をしなきゃいけない」という気持ちが強い方が多いと感じます。
介護の技術

【こんな時どうする】温泉旅館風で入浴拒否を解決!

私はデイサービスで介護職員をしています。Aさんは少し足が悪く、アルツハイマー型認知症の診断を受けている要介護度3のおばあさんです。家族と同居していますが、かなり頑固で自分の意見を曲げず、家での入浴拒否が強いため入浴させてほしいとデイサービスの利用が始まりました。
介護の技術

【こんな時どうする】眠れならとことん寝かせない ふくしの声

グループホームで介護職員をしています。認知症の方が夜になっても寝ない。夜中に起きて来るというのは特に不思議な事ではなく日常茶飯事です。そんな時の私の対処法をご紹介します。
介護の技術

【こんな時どうする】食事を食べてくれない利用者さん ふくしの声

老人保健施設で働いています。少し認知症のある、要介護3の自力歩行が可能な女性利用者の食事介助の場面でのことです。この方は、物忘れやご家族の顔を認識できなかったりと、認知症が少しずつ進み始めています。
介護の技術

【こんな時どうする】目上の人には敬語を ふくしの声

私の勤務する老健では、職員の言葉遣いが問題になっていました。最初は丁寧な言葉遣いで利用者様に接する職員でも、キャリアを積むに連れてタメ口で話す職員が増えていきました。
介護の技術

【こんな時どうする】オムツ交換を嫌がられる時の対処法 ふくしの声

グループホームで勤務をしています。オムツの交換に対して拒否がある認知症の高齢者(女性)のBさんという方が入所してきました。Bさんは何をするにも拒否が多く、外出をすることにも拒否が強くグループホームの中ではどちらかと言うと個性の強い方です。
タイトルとURLをコピーしました