福祉の仕事

福祉の仕事

【やりがい】障がいのある子どもと接して ふくしの声

まず、学校を終えた障害児デイサービスでの利用者を車で送り迎えをします。 施設についたら、子ども達の荷物の片付けを手伝います。宿題がある子は宿題をするように促し、できるようにサポートします。
福祉の仕事

【転職日記】社会福祉士として初めての転職体験記

社会福祉士になって初めての仕事は介護施設での勤務し、数年たったタイミングで転職した先が介護製品を開発・販売する一般企業でした。
福祉の仕事

【やりがい】私が社会福祉士になって初めての仕事

私が社会福祉士となって初めての職場は介護施設でした。 主な業務内容は①入居相談の対応、②入居後の定期面談、③入居者の方の相談・ケアでした。
福祉の仕事

【やりがい】福祉施設を経て、念願の社会福祉協議会へ ふくしの声

福祉系ではない4年制大学を卒業後、福祉を一生の仕事にしようと思い、1年間専門学校に通って社会福祉士を取得しました。その後介護老人福祉施設に就職し、3年半介護職員として働いた後に相談員として1年勤めました。
福祉の仕事

【やりがい】人と一緒に成長できる仕事 ふくしの声

大学を卒業と同時に社会福祉士を取得し、クライアントの就労を支援する相談業務に従事していました。就労を支援するといっても、仕事探しを手伝うだけではありません。
福祉の仕事

【やりがい】福祉の仕事はやりがいを感じるかどうかが大切 ふくしの声

現在は多くの事業を営んでいる規模の大きな社会福祉法人で、現在は法人本部の運営業務と様々な相談業務にあたっています。法人本部の方は、事業を継続していくにあたっての計画などを担当しています。
福祉の仕事

【やりがい】私にとっての天職 ふくしの声

高齢者の方の身の回りのお世話をさせて頂いております。特別養護老人ホーム、デイサービスセンター共に勤務経験があり、老人ホームでは入居者様の人生が終わるその時まで一番近くにいる存在であり、ある意味家族になります。
福祉の仕事

【社会福祉士】エリク・ホーンブルガー・エリクソン 心理社会的発達理論の提唱者

精神分析学者であったエリク・エリクソンは、人の精神発達を考える上で重要な理論の一つとされる心理社会的発達理論を提唱した。この理論は、ライフサイクル理論とも呼ばれているが、人が生まれてから成長していく過程を8段階の発達段階に分け、それぞれの段階において達成すべき発達課題と心理社会的危機を設定し、それらの課題をどのように解決するかあるいは解決できないかが、その後の人格形成に大きな影響を及ぼすとされている。
福祉の仕事

ラウントリー ヨーク市調査を行ったチョコレート会社の御曹司

チャールズ・ブースが行ったロンドン調査に影響を受け、その36年後である1899年にヨーク市に在住していた約75,000人の労働者全員を対象に、私財を投じて生活調査を行い、1901年に「貧困ー都市生活の研究」として発表した。
タイトルとURLをコピーしました