福祉の仕事

福祉の仕事

【小説風事例紹介】自由と制限のバランスは?自分の楽しみを大切に生きたいNさん

Nさんはグループホームで生活をしながら、就労継続B型を利用していました。Nさんは人の面倒を見るのがとても好きで、就労においてもグループホームにおいても困っている人がいたら率先して手伝ってくれる優しいご利用者様でした。
福祉の仕事

【小説風事例紹介】ADL低下してしまっていたYさんの成功体験

私が有料老人ホームで管理者兼相談員、デイサービスで生活相談員をしていた頃の話です。勤め先の施設は、同じ建物の中に有料老人ホームとデイサービス、訪問介護が併設されており15名のご利用者様が生活していました。
福祉の仕事

【小説風事例紹介】看取り期をどう過ごす?Dさんのための気持ちの緩和ケア

1階ユニットの入居されていたDさんという女性がいました。かつては、御夫婦で旅館を営んでおり、私の住んでいる地域では知らない人がいないほどの有名な旅館でした。御主人が亡くなられた後も、Dさんが一人で旅館を切り盛りされていたということでした。
福祉の仕事

【小説風事例紹介】寡黙なKさんの不器用な優しさ

これは私が20人定員の認知症対応型デイサービスで生活相談員をしていた時の話です。 そこには元消防職員でいつも杖をつき、寄り添い介助を必要とする93歳の男性ご利用者様のKさんがいました。Kさんは有料老人ホームに入所しており、月曜日から金曜日までの5日間はデイサービスを利用されていました。
福祉の仕事

【小説風事例紹介】忘れんよ。また笑って会わんといけんのやからね。幼馴染のIさんとNさんが過ごした大切な時間

私がグループホームでユニット管理者兼、相談員兼、介護職として働いていた頃の話です。そのグループホームでは、9人2ユニットの合計18名が生活していました。また、グループホームから徒歩10分以内の場所に、同法人の20人定員のデイサービスがあり、月に1度の交流会や合同の誕生日会などのイベントを行っていました。
福祉の仕事

知的障害者入所施設の支援員の魅力

小さなころから、障害がある方と接することが多かったこともあり、高校卒業後は福祉分野の専門学校に通いました。人と話をしたり、手伝いをすることが好きだったため、自分の好きなことを仕事にしたいと考えたときに、福祉の現場で仕事をしたいと思うようになりました。
福祉の仕事

放課後デイサービスの児童指導員の魅力

私は、児童指導員として放課後等デイサービス事業に関わっています。週に2日、その日の活動日程を考え、スケジュールを作成しています。子どもたちそれぞれの特性を考え、個人の時間、集団の時間を設け集団の時間ではどのような内容を行うか考えます。
福祉の仕事

介護老人保健施設の相談員の魅力

毎日色々な悩みや相談を受け、時には苦情の対応をし、時には渉外活動を行いに外出するよう、決して楽な仕事ではありません。毎日悩むことも多いですが、利用者の方や家族の方から感謝の気持ちを頂くと、この仕事を続けていて良かったなと思います。
福祉の仕事

放課後デイサービスの指導補佐の魅力

それぞれの個性を理解し、どうしたら周囲と上手くコミュニケーションを取れるのか、どうしたらいいところを伸ばせるのか、なぜルールを守るといいのか、そういった様々な療育をすることで、発達障害の子ども達が生きやすくなる可能性のある仕事だということが、大変魅力を感じるところです。
福祉の仕事

施設(養護老人ホーム)支援相談員の魅力

支援相談員の仕事は、簡単に言うと利用者とその家族の双方にとって幸せな生活となるようにサポートしていくことです。特に、私が勤務する養護老人ホームでは、経済面で生活保護を受けているなどと経済的な余裕がないこと、65歳以上の高齢者であること、身体的な介護を必要でないことなどが入所要件となります。
タイトルとURLをコピーしました