福祉の仕事

福祉の仕事

就職する前に確認しておきたい!現役相談員が教える、良い職場と悪い職場の見極め方

今から就職を考えられている方、今後働く会社は、できるだけ環境がいい職場がいいですよね。 就職活動の中で、実際見学に行く機会もあると思います。 今回は通所リハビリ施設の現役相談員であるhuuriが、良い職場と悪い職場の見極め方についてお伝えします。
福祉の仕事

【社会福祉士】生活保護法の基本原理と生活保護実施の4原則とは何か?

生活保護法における国民が等しく理解し厳守しなければならない基本原理と原則については、生活保護法第1条から第4条に4つの原理を、そして第5条から第8条に4つの原則が定められています。
福祉の仕事

現役相談員のキャリアプランを公開します!

介護の仕事をしていく中で、キャリアプランを大切に考えられる方もみえるんじゃないでしょうか。実際、大きな法人の会社になってくると、入社前に面談でキャリアプランについて話される施設も多くなっています。
福祉の仕事

【社会福祉士】介護職から相談員へ、理想と現実のギャップ(後編)

前回、理想と現実のギャップ前編を書きました。今回は後編をお届けします。ギャップと聞くと悪いことばかり想像しますが、現在相談員6年目の私は、相談員の仕事が大好きです。なので安心して読んでくださいね。 
福祉の仕事

【社会福祉士】介護職から相談員へ、理想と現実のギャップ(前編)

今回は私の経験したことをあげながら、介護職から相談員になったときに感じた”理想と現実のギャップ”について、前編と後編に分けて話していきたいと思います。
福祉の仕事

【社会福祉士】意外と難しい?電話で相手とラポールを形成するときのコツと注意点

今回は、電話でのコミュニケーションのとり方を通して、電話を使用してのラポールの形成について、注意点なども含めて考えていきます。
福祉の仕事

【社会福祉士】援助関係を円滑にする!現役相談員が実践している、ラポールの形成方法

この記事では、「実際の現場ではどうやってラポール形成をしているの?」という具体的な疑問に対し、現役相談員が実際に行ってきた方法を紹介します。
福祉の仕事

【小説風事例紹介】認知症の不安を抱えるNさんに必要な支援は何か?

これは私が有料老人ホームで生活相談員兼、介護職として働いていた頃の話です。有料老人ホームということもあり、介護度は幅広く、要支援の方から要介護5の方までいました。その中に92歳の女性、Nさんがいました。Nさんは要支援2、認知症もごくごく軽度なものであり、とても穏やかで優しい方でした。
福祉の仕事

【小説風事例紹介】Hさんの盲目の世界での生き甲斐

Hさんは30歳の頃までは何の障害もなく農協で働いていた方でした。30歳の頃に視野狭窄と視力低下の症状が見受けられた事から病院を受診すると、網膜色素変性症という遺伝子系統の病気であると診断を受けました。
福祉の仕事

【小説風事例紹介】Kさんが望む当たり前の環境とは?家族に囲まれた幸せな最期を過ごしたKさん

私が認知症対応型の通所介護(デイサービス)にて生活相談員兼介護職として働いていた頃の話です。Kさんは月曜日から金曜日は私が所属していたデイサービスへ来所され、土曜日、日曜日は別のデイサービスを利用していました。
タイトルとURLをコピーしました