福祉の資格

福祉の資格

【社会福祉士】対人援助に必要なアセスメントについて

アセスメントとは、収集された情報の全体をみて、何を、どのようにとらえるか・評価するかということです。クライエントの問題・課題を捉えなければならいソーシャルワーカーにとって重要な技能と言えるでしょう。
福祉の資格

ソーシャルワーク実践の根拠となるソーシャルワークの価値を考える

価値、理念、原則はソーシャルワークを学ぶ上で何度も登場するキーワードである。それらは言葉は違うが、大切にすべきものや、行動の指標として示されるものであること、そして人々の判断に影響を与える点で共通している。そのため、いっそのことこれらを同意義語として考える。
福祉の資格

社会福祉士養成課程の課題レポートで悩むあなたへ贈る5つのアドバイス

社会福祉士の受験資格を得るために通信課程に入ったが、レポート課題で悩む方は沢山います。今回はレポートらしく見えるためのチェックポイントを述べたいと思います。
福祉の資格

社会福祉士の試験を受験する方に見てもらいたい試験対策記事一覧

社会福祉士国家試験に合格するために必要な試験対策記事をまとめました。
福祉の資格

社会福祉士を目指すなら知っておきたい セツルメント運動とは何か?

セツルメント運動とは、知識人や学生、宗教家たちが、スラム街などの貧しい地域へ移住し、社会的に弱い立場にある人たちやその家族と生活を共にしながら、生活に困っている人々を教育したり、自立するための手助けをすることです。
福祉の資格

【社会福祉士】量的調査法における4つの尺度水準 社会調査の基礎

尺度とは、身長や体重のような数字や性別等の分類といった変数の属性のことであり、量的調査やデータ分析において欠かすことが出来ないものです。しかし、社会福祉士を目指す方にはあまりなじみがないこともあり、尺度といってもピンとこない方は多いと思います。
福祉の資格

第32回社会福祉士国家資格 ついに合格発表!合格基準とその推移

2020年3月13日(金)に令和最初の社会福祉士国家資格の合格発表が行われました。 2月に試験が行われてからドキドキ・ワクワクして待っていたことでしょう。 合格基準が150点中の『60%程度』であるため、合格基準となる点数が毎年異なります。
福祉の資格

【社会福祉士】ソーシャルワークの方法を確認しよう 3つの分類 直接援助、間接援助、関連援助 

個別援助技術とは、利用者(生活課題を抱える個人や家族)を対象に援助者(ソーシャル・ワーカー)が個別の関わりを駆使しながら問題解決を図る技術である。19世紀後半にイギリスで萌芽し、20世紀初頭にアメリカ合衆国で発達し、リッチモンドによって体系化されたものです。
福祉の資格

COSの友愛訪問から始まった、ソーシャルワークの歴史を確認しよう

ケースワークの歴史の始まりは、1870年代、イギリスのCOS(慈善組織協会)に所属する友愛訪問員が、要救護者を訪問し、生活相談と共に救済活動を行ったことにある。1860年代にロンドンでは相当数の慈善組織があったが相互の情報交換や協力体制を高めるため、イギリス全土に広がった。ソーシャルワークの源流はCOSの活動に由来しており、慈善的救済活動に不可欠の要素として個別の訪問活動を行っていた。
福祉の資格

地域福祉、社会福祉協議会、中央事前協会、市町村地域福祉計画、地域福祉活動計画、セツルメント、慈善組織協会(COS) 用語理解

地域福祉、社会福祉協議会、中央事前協会、市町村地域福祉計画、地域福祉活動計画、セツルメント、慈善組織協会(COS) 用語理解の概略を解説します。
タイトルとURLをコピーしました