Majiriki

今、福祉の仕事を広めよう

【第1回】在宅生活不可能となり緊急入所したご夫妻 ~緊急入所~

time 2017/07/01

【第1回】在宅生活不可能となり緊急入所したご夫妻 ~緊急入所~

私がショートステイの相談員として働いていた頃、一組のご夫婦が緊急入所してきたことがありました。通常ショートステイというものは事前に予約をとって利用するものですが、生命の危機が迫っている場合や緊急時に限り、部屋が空いていれば急遽利用することも出来ます。今回お話しするA夫妻は、近隣の地域包括支援センターから連絡が入りその日の夜から入所することになったケースです。

 

その日、担当ケアマネから連絡を受けたとき、A夫妻は近くの整形外科に入院していました。85歳のご主人と80歳の奥様の夫婦二人暮らしの家庭でした。近くに娘さんが一人いましたが、大阪に単身赴任しているご主人の下へ一週間ごとに行ったり来たりする生活を送っていました。奥様のSさんは姿勢良くスタスタと歩く若々しい印象の方でしたが、中度の認知症がありました。言葉によるコミュニケーションは可能でしたが記憶は全く持続せず、同じ話を何度もします。また、汚してしまった下着をタンスにしまって忘れてしまうということが時折ありました。ご主人のTさんは認知症こそありませんでしたが、足腰が弱く家の中での転倒が増えてきた頃でした。

 

前日まで自宅でいつもと変わらぬ二人生活を送ってきたご夫妻でしたが、Tさんが家の中で転倒してしまいます。いつもは自力で起き上がることが出来ますが、その日は出来ませんでした。Sさんが手を貸しましたが、それでも起きることができず、救急車を呼んで整形外科へと運ばれました。レントゲンでは、骨に異常はないが筋力が衰えてきていることから一人での歩行は難しく、歩行器の使用を勧められました。その状態のまま帰ることもできず、Sさんを一人で帰すこともできないので二人揃って入院させてくれました。しかし、いつもと違う環境にSさんは眠れず、トイレを探して病院内を彷徨い他の方の病室に何度も入ってしまったそうです。そのため、病院ではこれ以上入院させることはできないと言われてしまったのです。

 

sponsored link

down

コメントする






sponsored link