Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士 保育士

介護事例連載【第1回】Iさんの夢 ~珍しい利用者~

time 2019/07/31

介護事例連載【第1回】Iさんの夢 ~珍しい利用者~

私が小規模多機能ホーム(小規模多機能型居宅介護)で管理者、ケアマネージャー、介護職員等を雑多にこなしていた時のことです。

 

小規模多機能ホームでは、一つの事業所でケアプラン作成、通所(デイサービス)、訪問(ヘルパー)、宿泊(ショートステイ)のサービスを一元的に提供します。対象は在宅の要介護(要支援)の方で、住み慣れた地域での生活継続をサポートするのが主眼となります。

 

私が勤めていた事業所では小規模多機能ホームでサービスを提供し、在宅生活が難しくなってくれば、無理をせずに同法人で経営する入居施設に繋げるというケースが多数でした。

 

Iさんはその逆に近いパターンで、他法人の施設から自宅に戻り、小規模多機能ホームを利用することになりました。同居して世話をしていた娘さんが病気を罹ってしまってIさんにまで手が回らなくなり、入居に至ったそうです。

 

前施設からの情報では、当初は徘徊、昼夜を問わず大声で叫ぶ、あちこちで排泄する、何度も同じことを言う(ご飯食べてない、今何時など)といった行動が見られるレベルである。

 

しかし現在はほぼ寝たきりで、生活の各場面で介助が必要ではあるものの、置かれた状態でニコニコ過ごしている。娘さんの体調が回復し、この状況なら自宅で看られる、最期まで世話をしたいという強い意向により施設を退所することとなったため、小規模多機能ホームで引き続きの対応を願いたいと結ばれていました。

 

本人面談でも情報の通りで、非常に可愛らしいお婆さんでした。施設には何の不平不満もないものの、一日も早く自宅に帰りたいとのことで、バタバタと利用開始日が決まります。

 

娘さんは昼間に食堂で働き、それ以外の時間は手芸で作った作品をインターネットで販売していました。コツコツと蓄えてきたようで、「何かあればすぐに飛んで行くし、最悪仕事は辞めても大丈夫なので、お母ちゃんをヨロシク!」とお願いされました。

 

私たちの立場として、協力を得られるご家族というのは大変ありがたい存在です。というのも、事業所にお願いしておけば家族は何もしなくてもよいと解釈したり、過剰に期待したりしてしまうケースがあるからです。

 

娘さんは少々どぎつい冗談が多く、真面目なスタッフは最初は躊躇していました。一方で異常なまでにフットワークが良く、約束通り細かな連絡にもすぐに対応してくれました。連絡帳にも毎回丁寧にコメントや自宅での様子を書いてくれ、皆がやりがいを感じていました。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link