Majiriki

今、福祉の仕事を広めよう

【第1回】 特養から自宅復帰を果たしたKさんとそのご主人 ~新しく入所してきたKさん~

time 2017/06/15

【第1回】 特養から自宅復帰を果たしたKさんとそのご主人  ~新しく入所してきたKさん~

私は福祉とは全く無縁の4年制大学を卒業後、1年専門学校に通ってから国家試験を受け、社会福祉士を取得しました。そしてその後介護職員として特養に入職します。学生の頃より私は地域福祉に関心があり、将来的にはその道で働くことを志していました。しかし、高齢者分野にも強く関心を持っていたため、一生福祉の仕事をしていく上で若いうちに現場を知っておきたいという思いがあり、まずは施設への就職を選びました。介護職員、相談員を経て現在は転職し、社会福祉協議会に勤めています。この話は、私がまだ介護職員として働いていた頃の話です。

 

Kさんは私の担当するユニットに新しく入所してくることになった77歳の女性でした。事前情報では、とても穏やかで認知機能の衰えもほとんどなく言葉によるコミュニケーションに問題はないということでした。自宅内で転倒・大腿骨骨折の既往歴があり、現在は完治しているものの下肢筋力も低下しているため車椅子移動であるが、短時間であれば立位は可能という身体状況でした。

 

入所当日、私はKさんにご挨拶をしました。「こんにちは、Kさんよろしくお願いします。」するとKさんは暗い顔でこちらに目をやり、「はぁ、まぁ少しの間ですけど、よろしく。」と呟きました。

その返答に私は少しおかしいなと思いましたが、そのときはあまり気にしませんでした。まだ入所当日のため、緊張しているのかもしれないと思いました。

 

しかし数日経つと、どうやらKさんはここに入所したということを理解していないようだということがわかってきました。ショートステイを何度か利用したことがあるということでしたが、特養であるこの施設もショートステイだと思っているような言動がいくつもありました。つまり、いずれは帰るものと思っているのです。

 

認知機能の問題で、特養に入所したことが理解できない方は沢山いらっしゃいます。しかしKさんの場合、認知機能には問題がないのです。それは介護職員であれば日常的に話をしているだけでわかります。にもかかわらず、Kさんは特養に入所したという認識を持っていません。当然、いつまでも家に帰る兆しがないとKさんは日に日に不穏になっていきました。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link