Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士 保育士

介護事例連載【第1回】住み慣れた家と認知症のGさん ~Gさんの家~

time 2019/05/07

介護事例連載【第1回】住み慣れた家と認知症のGさん ~Gさんの家~

私が小規模多機能ホーム(小規模多機能型居宅介護)でケアマネージャー、介護職員として働いていた時の話です。

 

小規模多機能ホームでは1つの事業所で通い(デイサービス)、訪問(ヘルパー)、宿泊(ショートステイ)の3サービスが一体的に提供されます。対象者は在宅の要介護(要支援)の方となります。

 

サービス毎に事業所が変わることがなく、また馴染みのスタッフが関わるので環境、人の変化がないため、認知症の方でも混乱が少ないと言われています。

 

Gさんは昔ながらの大きなお屋敷で一人暮らしをしていました。ご主人に先立たれて1年ほど経ってから、ひどい物忘れや新しい予定をこなせなくなる等の症状が見られるようになり、認知症の診断を受けました。

 

加えて足腰も衰えていましたが日常生活には特段の支障なく過ごしており、小規模多機能ホームの利用は自宅の風呂が危ないし、何かあった時のため、転ばぬ先の杖程度での利用でした。

 

そんなGさんが住むのは、子供らを連れて行けば一日中かくれんぼができそうな大きなお屋敷。Gさんが移動する範囲は知れていましたが、細々と生活していました。

 

私の初めての訪問の際、ちょうど食事の準備中だったようで、おいしそうな匂いが家中に立ち込めています。

 

「誰も食べる人はいないんですけどね…」と言いながらも、おいしそうな料理が入った数個の小鉢を手際良く並べていました。それらを慎重にご主人の仏壇まで運び、手を合わせます。

 

コチコチと音を立てて時を刻む古い掛け時計。ちょうど12時になり「ボーン」と12回、時を知らせてくれました。

 

洗濯板やかまど、壁掛け電話などのレトロアイテムに囲まれ、昔にタイムスリップしたような空間の中、Gさんだけの時が流れていました。見聞したことがないものを懐かしいと言うべきなのか分かりませんが、そこには確実に懐かしさがありました。

 

物珍しそうに家の中をウロウロしている私に(本当はこんなことをしてはいけませんが)、「古くさい、使えない物ばっかり、ごめんなさいね。でも若いお兄さんには珍しいかしら。ゆっくり見て行って下さいね」と話しました。謙遜しながらもGさんの表情はどこか誇らしく、珍しいアイテムについて色々と尋ねる不躾な私の質問に、一つ一つ丁寧に答えてくれました。

 

居間には美しい木目のテーブルがあり、Gさんはそこに自身の昼食を並べていました。昔は親戚やご近所さん、ご主人の友人等がしょっちゅう訪れ、大層賑やかだったそうです。

 

私の祖父母はもっとボロボロの長屋に住んでいましたが、久々にそこに訪れたような、ホッとする時間を過ごしたのです。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link