Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士 保育士

【第1回】最期の場所をどうするか?決断できない家族 ~Mさん~

time 2018/05/07

【第1回】最期の場所をどうするか?決断できない家族  ~Mさん~

これは、私が特養でまだ介護職員として働いていた頃の出来事です。今回お話しするMさんは、私が担当するユニットで最も介護度の重い88歳女性の方でした。甘いものが大好きで、主食はいつも「パン粥」という食パンを牛乳に浸して作るものを食べていました。Mさんは要介護4でしたが、声をかけるといつもニコッと笑顔になり、介護士の手を握ると落ち着いてうとうと眠ってしまうという可愛らしい方でした。そのため職員はもちろんのこと、他利用者からもなんとなく愛される存在でした。認知症はかなり進行していましたが、大きな声を出したり気持ちが不安定になることはほとんどなく、いつも穏やかに過ごしていました。

 

Mさんのご家族は娘さんがキーパーソンとなっており、その他に息子さんがお一人いらっしゃいました。娘さんは週に1回程度、息子さんも月に1度は面会にいらしていました。特に娘さんと仲が良い印象で、会話もままならないMさんの車椅子を娘さんが押しながら施設内の中庭を散歩し、互いに笑い合っている姿を何度も見かけました。

 

入所してから2年ほどの間は、Mさんは大きく状態を落とすこともなくお元気に過ごしていらっしゃいました。持病としては心臓病がありましたが、特に悪化したり発作が起きることはなく、定期的な受診以外には病院にかかることもほとんどありませんでした。

 

しかし、少しずつ少しずつ食事がとれなくなっていきました。大好きだったパン粥も進みが悪くなりました。なんとなくいつも眠そうで、昼間でも目を閉じていることが多くなったのです。声をかけると目を開けますが、またすぐにぼんやりとした表情になり、目を閉じてしまいます。

 

私たち介護職は看護師や栄養士などと相談し、食事にいろいろな工夫をしてどうにか食べてもらえないかと試行錯誤しました。

 

Mさんは滑らかな触感のものだと比較的食べてくれるので、プリンはどうか。茶碗蒸しはどうか。高栄養価のゼリーを試してみてはどうか。特に進みが悪い副菜は、ミキサー形状ではなくソフト食形状の方が良いのではないか。とにかく、いろいろなことを試しました。

 

これには娘さんも協力してくださり、昔から好きだというゼリーやジュースなどを面会の度に持ってきてはMさんに勧めていました。その結果少し食事量が増えた時期もありました。しかしそれは一時的なことで、やはりMさんの状態は徐々に落ちていったのです。

 

 

介護現場で使える 看取りケア便利帖 (現場で使える便利帖)

新品価格
¥1,944から
(2018/5/6 22:11時点)

死と向き合う瞬間(とき)―ターミナル・ケアの現場から

新品価格
¥1,512から
(2018/5/6 22:11時点)

介護施設におけるターミナルケア―暮らしの場で看取る意味

新品価格
¥4,624から
(2018/5/6 22:18時点)

sponsored link

down

コメントする






sponsored link