Majiriki

今、福祉の仕事を広めよう

【第1回】妻のネグレクトにより寝たきり状態であったHさん~Hさんとの出会い~

time 2017/05/29

【第1回】妻のネグレクトにより寝たきり状態であったHさん~Hさんとの出会い~

Hさんと出会ったのは私がショートステイの相談員として働いていた頃でした。ショートステイとは、普段自宅で生活されている方が様々な理由で一時的に宿泊するサービスのことです。家族の介護負担を軽減するためであったり、外出等により介護することができない場合などに利用されます。

Hさんに関してはショートステイ利用希望の75歳男性、と事前に担当ケアマネージャーMさんより話を聞いていました。妻と娘の三人暮らしですが、娘は働いているため日中は妻と二人きりの時間が長いようでした。歩けないわけではないが、一日のほとんどをベッド上で過ごしているという話でした。

 ショートステイの利用希望があった場合は、まず面接をします。本人とご家族に直接お会いして、身体の状態や普段の介護状況、金銭状況など様々な面からお話を伺い、その上でショートステイの利用が可能かどうかを判断します。私がHさんと初めて出会ったのはこの面接のときでした。

 笑顔で出迎えてくれた奥様に連れられご本人のお部屋に案内していただくと、Hさんはベッドの上で上体だけ起こしていました。その部屋でMさんと奥様と四人で話をしましたが、Hさんはほとんど言葉を発することがなく寡黙な方なのかなという印象を抱きました。質問にはほとんど奥様が答え、Hさんはぼんやりとそのやりとりを見ているだけでした。しかし話の内容を理解していないわけではなく、こちらからHさんに対して質問を投げかけたときにはきちんと答えてくれました。自分からあまり主張する性格ではないのかもしれないと考えました。

 少し驚いたのは、普段の様子を奥様から聞いていたときでした。Hさんが面接の途中トイレに立ったので歩行状態を見ていました。ふらふらと壁を伝いながら進みかなり危なっかしい印象だったため、これまで家の中で転倒したことはありますか?という質問をしたときでした。

 「したことあると思います。時々ドーンというすごい音がしますから。」と、奥様が答えたのです。

「そういうときはどうするんですか?ご自分で起き上がるのは難しいんじゃないですか?」と問うと、「いやぁ…何時間か経った後に食事を持って行ったりするとベッドの上に戻ってるから、どうにか自分で起きて戻るんじゃないですか?」と言うのです。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link