Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士 保育士

介護事例連載【第1回】このままで良いHさん ~依頼~

time 2019/05/05

介護事例連載【第1回】このままで良いHさん ~依頼~

私が小規模多機能ホームでケアマネージャー兼介護職員として勤務していた時のお話です。

 

小規模多機能ホームは一つの事業所で通い(デイサービス)、訪問(ヘルパー)、宿泊(ショートステイ)の3サービスを一体的に提供するシステムです。利用者にとっては柔軟な対応が大きな魅力ですが、運営側にとってはそれなりの体制を整えておく必要があり、異動になった当初はそのシステムを理解し、対応するのに大変苦労しました。

 

マナーの悪い高校生集団、たまに見かける、コンビニの横でゴミ箱漁りをしているお婆さん、無気力な表情のサラリーマン等を横目に、事業所最寄りの自動販売機で甘めの缶コーヒーを買ってから出社する。徐々に小規模多機能ホームでの仕事が板についてきて、自身のルーティーンも定着してきました。

 

ある日、地域包括支援センターのAさんから電話が入りました。出るや否や「〇〇(私の苗字)さ~ん、ちょっとお願いしたいケースがあるんだけどぉ~」と甘えた声が聞こえてきました。

 

Aさんはそのような話し方がサマになる御年ではなく、一緒に仕事をすると非常に勉強になる(ロクなことがない)ので正直避けていた節があったのですが、私を頼りにしてくれており、無下に断ることもできませんでした。

 

そのケースはHさんという高齢の女性。どうやら認知症があるようで、風呂に入らず、食事もとっていない様子。日中はどこかに出歩いていて所在がつかめず、身体から悪臭を放っている。特にトラブルはないものの、区役所や警察署に通報が相次いでいる。それぞれに或いは連携して自宅に訪問したり、姿を見つけると保護したりショートステイの施設に連れて行って「保護」しているが、そろそろ地に足をつけてサービスを提供したい。本人は「このままでよいので放っておいてほしい」と拒否しているが、そういうわけにもいかないので何とかしてほしいとのことでした。

 

他人に迷惑をかけておらず、本人も現状維持を望んでいるのであれば無理にサービスを押しつけなくても良いのでは?とAさんに返しましたが、各機関で連携してセルフネグレクト(自己放任)案件として動いているので、そういうわけにはいかず、何とかしてほしい。近々※地域ケア会議があるので参加してほしいとのことで、仕方なく了承しました。

 

※簡単に言うと、地域包括支援センターが主催し、行政や各種専門職、地域住民で地域の課題や困難事例等について話し合う場のことです。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link