Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士 保育士

保育事例連載【第1回】家庭環境と障害と保育 〜N君との出会い〜

time 2019/05/23

保育事例連載【第1回】家庭環境と障害と保育 〜N君との出会い〜

N君が、私の働く保育園に入園してきたのは、年中児になる4月でした。母親と3歳離れた弟と3人家族で、離婚して母親の実家に、引っ越してきたのでした。
私が、初めてN君に会ったのは、入園前の面談の時でした。年中児の担任が決まっていたので、私はN君の、性格や好きな遊び、生活習慣など細かく聞き、保育する上での対応を、考えなければいけませんでした。

 

N君は、目つきが鋭く、周りを睨みつけながら、ポケットに手を入れて歩き、笑う事が少ない子でした。ただ、母親の前では、甘えた姿を見せたり、まだ小さい弟の顔を覗きこんで微笑んだり、母親と私が話をしている時は、じっと座って話を聞いていて、いわゆる、お利口な普通の子でした。

 

母親は、テキパキとした方でしたが、ピリピリとした雰囲気もあり、N君の行動1つ1つを見ていて、すぐ「それダメ!やめなさい」と注意していました。そのためか、N君は母親の顔色を伺いながら、遊んでいるようにも見えました。まだ、N君の弟が小さかった事もあり、母子家庭だったので、産後のストレスや育児のストレスなどもあるのかなと、その時は思いました。

 

面談時に、N君と話をしてみました。私が「こんにちは。お名前は?」と聞くと、こちらを横目で見ながら、「お前には教えない」と一言言いました。すぐ母親が、「ちゃんと名前を言いなさい!」と叱り、N君はすごく小さな声で、渋々答えました。

 

話し方は、「〇〇じゃねーし」などと乱暴な言葉遣いで、時々「そうですね」などと、敬語で相槌をうちます。ですが、母親には、消してそのような乱暴な言葉遣いはせず、言われた事に対してすぐ、「はい。分かりました」「ごめんなさい」とすぐ謝るのです。感情の起伏が激しく、言葉遣いも急に変わるので、どちらかというと、子どもっぽいという感じではなく、掴みにくい子というのが、第一印象でした。

 

笑顔は少なかったのですが、きっと慣れたら、笑顔を見せてくれるのかなと思っていました。

 

面談時に、家庭でのN君との関わりで、困っている事や、相談したい事がないか確認した際、母親からは、「特に困っていることもありません」という事だったので、面談の様子からは、保育士からすると難しい子だけれど、信頼関係ができたら、変わるのかなという感じで、面談を終えたのでした。

 

そして入園式の日。母親から離れられず、ずっと膝の上に座っていたN君。何度か誘いに行くものの、「来るんじゃねー!」と言い、母親に叱られる事もありました。不安の中、次の日から、母親と離れて、新しい保育園での生活が始まりました。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link