Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士 保育士

介護事例連載【第1回】Fさんの娘との闘い ~突然の異動~

time 2019/04/30

介護事例連載【第1回】Fさんの娘との闘い ~突然の異動~

私がグループホーム(認知症対応型共同生活介護)で責任者兼介護スタッフとして働いていた時の事例です。

 

ほとんど関わりのなかったフロアで責任者が突然退職し、私が責任者兼介護スタッフとして後を継ぐことになりました。知っていることは、前任はガラの悪そうなオバサンだったぐらいのことで、入居者、スタッフ共に見たことがある程度でした。内情は何も分かりませんでした。

 

グループホームは認知症の方が家庭的な雰囲気の中で少人数での共同生活を送ることにより、症状や精神の安定が期待されると言われています。大規模施設よりも人員が手厚く定められ、入居者と密に関わることができるのも特長とされています。

 

以前にいたフロアはそれらを踏まえた上でやるべきことはしっかりやるという考えが浸透しており、私もそれに賛同し、日々の業務をこなしていました。

 

しかし、異動先フロアは全く状況が違いました。

 

グループホームは入居者にとっての自宅なので、掃除などは本人たちがやりたい時にやればよいし、それをスタッフがやってしまうと自立支援の妨げになる。薬や貴重品の管理も非常に杜撰で、無人の事務所にいつでも誰でも入れる状況。また、介護拒否のある場合はそれを理由に何もせず、何日も入浴していない、排泄管理がなされていない入居者が数人いました。記録等は適当でよいので、とにかく入居者とゆっくり関わるべきである等、グループホームの在り方を自分たちの都合の良いように解釈し、家庭的という意味を履き違えて横着な仕事をしているとしか思えない状況だったのです。

 

スタッフはおろか家族にも悪い意味でその考えが浸透しており、それがグループホームだと、誰もが信じて疑いませんでした。フロア内では前任者が急にいなくなったことへ不信感が渦巻いていたことは勿論、ほとんど面識がなく、責任者としての実績もない私に対する視線は非常に冷ややかで、完全なアウェーでのスタートとなりました。

 

フロアのルーティーンや入居者の状況を調べようにもそれらが共有されておらず、記録もないため書面での情報収集ができません。スタッフへの聞き取りも各々が主観で身勝手な意見を述べているだけで、どこまで信頼できるのか分かりません。

 

上層部も前任者の放漫なやり方に難色を示していましたが、とにかく口の立つ女性だったこともあり、うるさく言い返されるのを恐れて仕方なく黙認していたようです。

 

問題だらけのクラスを急に受け持つことになった新米教師。私は教員免許を持っていませんが、恐らくこんな気持ちなんだろうと勝手に推測しました。

 

「元々いたフロアの良さを踏襲し、自分色の素晴らしいフロアを作りたい」そんな想いで移動のオファーを受けたものの、前任者のやり方や考え方を改めなければ何も始まらない。前途多難でした。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link