Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士 保育士

介護の国家資格!介護福祉士とは何か?

time 2019/03/01

介護の国家資格!介護福祉士とは何か?

sponsored link

介護の国家資格!介護福祉士とは何か?

介護福祉士という名称を聞いたことがあるでしょうか?あまり馴染みがない方が多いかもしれませんが、介護という名称からどんなことをするのかはなんとなくイメージが湧くかと思います。そんな介護福祉士という資格について説明したいと思います。

 

介護福祉士とは

介護福祉士は、介護福祉士は1987年の「社会福祉士及び介護士福祉法」に基づき定められた、介護の専門職としての国家資格です。超高齢社会において欠かすことのできない介護のスペシャリストです。

 

仕事の内容は幅が広く、高齢者だけでなく、身体上・精神上の障害がある方の食事、入浴・清潔保持、排泄、睡眠などといった身辺介助はもちろん、健康管理、家事援助のほか、介護計画の作成、他職種との連携、本人や家族からの相談対応などがあります。

介護する女性職員

介護福祉士を取得するメリットは?

介護の仕事には介護福祉士の資格がなくても就くことができます。では介護福祉士の資格を取得するメリットは何でしょうか。

 

①給与が上がる

事業所は、介護福祉士を持つ職員がいると加算が受けられます。そのため、本人に対しても資格手当として給与面で加算される場合が多くあります。手当としては、月5000円〜15,000円くらいかと思います。

 

パートやアルバイトであっても、無資格者よりも数百円時給は高いことが良くあります。

 

 

②転職に有利

介護福祉士は介護の現場において常に足りていないので、就職・転職の際に有利となります。さらに有資格者で実務経験もあれば引く手数多です。介護福祉士を必須要件にしているところもありますので、待遇改善を狙って転職する場合には優位に働くでしょう。

 

③介護以外のことも学ぶことが出来る

その名の通り、介護に関する資格ですが、介護福祉士の勉強はとても幅広く、医療分野や保健分野、心理学や看護学、人とのコミュニケーションのとり方など多岐に渡ります。

 

関連記事

介護の仕事において、資格を持っているメリットは?

【介護福祉士試験対策】過去問まとめ

 

介護老人保健施設(老健)

病院を退院した後、すぐ自宅に戻るのが不安な場合や、家庭環境の調整が必要な場合などに一定期間入所し、リハビリや、在宅復帰の準備を行うことを目的とした施設です。医療法人や社会福祉法人が運営しています。

 

介護福祉士は、日常生活介護のほか、集団レクリエーション活動を通じ入所者の生活リズムを整え、スムーズに在宅復帰できるよう支援していきます。ご家族に対する介護指導や相談も介護福祉士の重要な役割のひとつです。

 

看護師・准看護師・作業療法士・理学療法士などが多く配置されており、他職種連携の実践を間近で感じることができます。

 

関連記事:

【私のやりがい】私には見せてくれる一面

【私のやりがい】○○ちゃんで良かった!

 

特別養護老人ホーム(特養)


介護度の高い、寝たきりのような高齢者の介護をすることが多く、「終の住処」と考え入所するため、ほどんどの方が長期入所となっています。リハビリがメインの介護老人保健施設とは異なり、介護度が高い方が多いため身体介護が多くなっています。また、「終の住処」という言葉の通り、終末期ケアから看取りの場面もあります。特養は大変と言われますが、それだけ介護に関する技術を学ぶことができ、スキルを高めたい方が選ぶことがあります。

 

関連記事

特別養護老人ホームで働く介護職員の声 何が良い?何が不満?

【私のやりがい】利用者さん以上にイベントを楽しみにしていた

連載事例 特養へ入所後、ADLが向上したYさん

 

介護付有料老人ホーム

民間企業が運営する高齢者入所施設であるため、入所者の介護度やサービス内容には大きくばらつきがあります。大手企業が運営していることもあり、福利厚生等がしっかりしている所も多くあります。その分、老健や特養と比べると利用者の支払う費用は割高です。

 

ホテルのようなサービスを提供する施設や、娯楽設備などが完備されている施設もあります。介護付有料老人ホームは「自立型」「介護専用型」「混合型」の3種類があり、介護福祉士は主に要介護者または要支援高齢者を受け入れる「介護専用型」施設において、高齢者の方々の日常生活の介護に携わります。

 

デイサービス

自宅で介護を必要としている高齢者の方(介護度の低い方)を施設まで送迎し、食事や入浴、レクリエーションなどを提供します。日中の引きこもりや孤立防止、心身の機能を高めることを目的とした通所施設です。給与は他の施設と比べると安めですが、通所であるため、夜勤等がないことが魅力です。

 

訪問介護事業所

介護サービス利用者の自宅を訪問し、入浴・食事・排泄・着替えの介助といった身体介護から、買い物、通院の援助等の生活支援を行います。訪問介護は、利用者の自宅で一人でサービスを行うことが多く、コミュニケーション能力や基本的な介護スキルを必要とします。日によって訪問先が異なるため、実践的な介護スキルが身に付きます。

関連記事:

訪問介護員(ホームヘルパー)の魅力

 

介護福祉士の仕事を探すなら以下の転職サイトがおすすめ!

介護職の方のための転職・就職支援【マイナビ介護職】

 

「介護福祉士」に関する記事
介護職員不足はイメージの悪さが原因なのか?
介護職員のスタートライン資格!介護職員初任者研修とは?メリットは?

 

sponsored link

down

コメントする






sponsored link