Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士

【第1回】介護の仕事とは? ~ルールの中で生きるEさん~

time 2018/09/03

【第1回】介護の仕事とは? ~ルールの中で生きるEさん~

私はユニット型特養で介護職員として4年半ほど働いています。仕事を通じて多くの利用者さんやそのご家族と関わってきました。今回お話する方はEさんという男性で、私が今まで関わってきた利用者さんの中で最も印象に残っている方です。

 

Eさんは当時77歳で、私が入職したときにはすでに施設入所されていました。58歳のときに脳梗塞と脳幹出血を相次いで発症し、その後遺症で四肢麻痺(全ての手足が麻痺した状態)と失語がありました。そのため、一日のほとんどをベッド上で過ごしていました。

 

彼の生活は、かなり独特で様々なルールの下に成り立っていました。

 

「僕の介護について」というEさん本人が作成したルールブックがあり、彼は新人の介護職員が入ってくるとそれを渡していました。私も入職した頃にEさんからそれを手渡され、A4用紙10数枚にも及ぶルールの数々に、この人の介護が私にできるのだろうか、と不安に苛まれました。

 

Eさんは四肢麻痺でしたが、左手の親指と人差し指だけは微動することができました。それは本当にわずかに動くだけでしたが、その2本がほんの少し動くだけで、彼の生活の幅は劇的に広がっていました。

 

まず、Eさんは失語で声が出ないため、コミュニケーションには文字盤というものを使用していました。文字盤とは50音と数字などが書かれた画用紙のようなもので、指揮棒を手に握り、自分の意思を文字盤の文字を指すことで伝えます。2本の指が動くおかげで、この指揮棒を握ることができるのです。文字盤があるおかげで、認知症のないEさんはスタッフや家族、来客の方々とコミュニケーションをとることができました。

 

また、その指でナースコールを押すこともできました。職員はナースコールを必ずEさんの手に握らせてから退室すること、というのは基本的なルールの1つでした。部屋から出てこないEさんにとって、ナースコールは命綱です。それがどこかに転がっていれば、拾いに行くことはできません。そうなると、誰かが気付いて訪室しない限り、声の出ないEさんは何かを頼みたくても誰かを呼ぶことができません。そのため、必ずナースコールを手元に置いてから退室してくれ、と初めのうちは何度も言われました。

 

Eさんは、パソコンで文書を作成することもできます。文字盤を使用するときと同じようにパソコン用の棒を握り、障がい者用の特殊なキーボードをセットします。すると軽い力で触れるだけで文字を打つことができます。「ルールブック」はそのようにして作成されたものでした。それ以外にも、職員に周知したいことがあるときに文書を作成したり、家族や友達に手紙を書くこともありました。

 

事例で学ぶ介護サービスNG集 (介護のしごとが楽しくなるこころシリーズ)

新品価格
¥864から
(2018/7/6 22:40時点)

事例で読み解く 介護過程の展開 ―根拠に基づく「生活支援」を実践するために

新品価格
¥2,160から
(2018/7/6 22:38時点)

訪問介護事業所困りごと解決Q&A実践対応

新品価格
¥3,000から
(2018/7/6 22:39時点)

sponsored link

down

コメントする






sponsored link