Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士 保育士

保育園の保育士の魅力

time 2019/02/10

保育園の保育士の魅力

sponsored link

保育園の保育士の魅力

なぜ保育園の保育士に就きましたか?

小さい頃から保育士として働く母の姿を見ていて、興味や憧れはずっと持っていましたが、両親は仕事の大変さや給料・待遇を考えると、別の仕事の方がいいのでは?とあまり賛成はしていませんでした。

 

そのような理由から悩んでいた保育士への道ですが、実際保育士になりたいと思ったのは大学時代や卒業後に参加したボランティアの体験からです。

 

大学では保育士の他にも小学校教諭や幼稚園教諭の資格も取れる学科を選び、学外のボランティアサークルに参加して、積極的に小さな子どもに関わる経験を多く積みました。

 

子どもに関わる中で、もちろん大変さも感じましたが、それ以上に成長を支えられる喜びを感じる事ができたのです。

 

保育園の保育士の魅力は?

保育士として働きはじめて5年目を迎えていますが、この仕事の魅力のまず1つ目はやはり子どもの成長を間近に見られることだと思います。

 

私は小学校教員としても勤務した事がありますが、保育士は関わる子ども達の年齢が低い分、身体も心も成長は大きく早く、感動も大きいお仕事です!

 

歩けるようになった、「せんせい」と呼んでくれた、しゃべれるようになった、友達と仲よく遊べるようになった、最後までがんばれるようになった…

 

子ども達と長く時間を過ごす中で、たくさんの成長を目にし、場合によっては親よりも先に、子どもの「はじめて」に立ち会うことができるのです。

 

また、私の勤務している園は一時預かり保育もやっているので、卒園・退園した子ども達が、例えば幼稚園や小学校の振替休日や長期休暇中に来ることもあり、しばらく時間を置いて会うことで成長もよりはっきり感じることができます。

 

会話の中で「〇〇くんが小さかった時は、よく泣いてね…」など、思い出話に恥ずかしがったり懐かしむ様子を見ると、この子の一時期を一緒に過ごす事ができたんだな、そうしてこの子の今があるんだなと感慨深く思ったりもします。

 

子どもに与える影響も大きく、私たちの言葉掛けや態度で、子ども達が一生懸命に何かに取り組んだり、できる事が増えたり、変わっていく姿も見られる特別な仕事だと思っています。

 

2つ目は、子育てをする家庭や保護者の生活を支えているという感覚でしょうか。

 

私達がいなければ、働く事が出来なかったお母さんが、生活に困っていた家庭がたくさんいます。お母さんが2人目の妊娠で体調を崩し、上の子を見るために仕事を長期で休まざるを得ないと困っていたお父さんもいました。精神的に子育てが辛くなっていたお母さんもいます。勉強して資格を取れたお母さんもいます。

 

この園があったから働けました。学校に行けました。大変な時期を乗り越えられました。ありがとう。

 

たくさんの感謝の言葉を聞くたびに、日々の疲れや大変さも吹き飛んでいきます。やっていて良かったなと思える瞬間です。

 

保育園の保育士を目指すにはどうしたらいいですか?

資格と働く場所があれば就ける仕事です。保育士の資格は短期大学や専門学校もありますし、通信教材や市販の参考書を使って勉強することもできます。しかし、もし可能であれば、私は自身の経験からも四年制大学でゆっくり時間をかけて学ぶ事をお勧めします。

 

同じ夢を持つ仲間との出会い、ボランティアやアルバイト、様々な社会的経験も積みながら、自分自身成長できたと思っています。

 

1番安く保育士の資格を取る!シカトル
保育士の資格を取るなら

sponsored link

down

コメントする






sponsored link