Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士

【第1回】介護職員だけが気付いた変化 ~おしゃれなHさん~

time 2018/07/30

【第1回】介護職員だけが気付いた変化 ~おしゃれなHさん~

Hさんは、私が特養に新卒の介護職員として入職したとき、すでに入所されていたご利用者さんでした。認知症による記憶障害があり、人の名前や前日の出来事などは覚えていられませんでしたが、いつも笑顔で誰に対しても穏やかに接する方でした。一日のほとんどを車椅子上で過ごし、食事はご自身でとることができましたが、トイレには一部介助が必要でした。私が出会ったときにはすでに90歳でしたが、真っ白の髪をいつも綺麗に整えているオシャレな女性でした。

 

Hさんは特養の入所者の中では比較的自立しており、介助の手を必要とするのはトイレと車椅子の移乗と入浴くらいでした。車椅子からベッドへの移乗の際やトイレ内などでは、数歩であれば歩くこともできました。すり足でしたが、つかまりながらいつも自分のペースで移乗することができていたため、介助者はほとんど見守っているだけでした。

 

Hさんの朝は遅く、職員が声をかけてもなかなか起きません。「Hさん、朝ですよ~。」「おはようございまーす。」「朝食が来ますよ~」そんな調子で何度も何度も声をかけ、30分ほど経ってからやっとのそのそと起きてくるというのがいつものパターンでした。

 

朝食の準備ができてもまだ起きてこないHさんの部屋を覗くと、大抵鏡の前で髪をといています。「Hさん、ご飯できていますよ。」と声をかけると、「悪いわねぇ、でもこんなバサバサの髪じゃね。もう少しかかるわ。」と笑って言います。

 

そんなこんなで、Hさんが部屋から出てくるときにはご飯がすっかり冷め、結局いつも温め直すことになってしまうのでした。

 

私の個人的な考えですが、元気で長生きする女性には、身なりに気を配る方が多いように感じます。90歳過ぎてもお元気な方は、髪型やお化粧、爪の手入れなどを日常的に行い、オシャレな女性の気持ちを失っていないことが多いのです。

 

Hさんもそうでした。そして、周りへの気配りも忘れることはありませんでした。

 

「悪いわねぇ。」Hさんは、介助者にいつもそう言いました。誰に対しても気を遣い、トイレへ行きたいときにも職員に頼むことをしないため、職員の方から声をかけてトイレへ促すようにしていました。

 

周りに気を遣いながらも自分のペースを守り、できることはなるべく自分で行おうとする方でした。

【第2回】介護職員だけが気付いた変化 ~なんとなくいつもと違う~

 

事例で学ぶ介護サービスNG集 (介護のしごとが楽しくなるこころシリーズ)

新品価格
¥864から
(2018/7/6 22:40時点)

事例で読み解く 介護過程の展開 ―根拠に基づく「生活支援」を実践するために

新品価格
¥2,160から
(2018/7/6 22:38時点)

訪問介護事業所困りごと解決Q&A実践対応

新品価格
¥3,000から
(2018/7/6 22:39時点)

sponsored link

down

コメントする






sponsored link