Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士

【やりがい】もっと笑顔を見たいと思ったから

time 2018/08/27

【やりがい】もっと笑顔を見たいと思ったから

sponsored link

【やりがい】もっと笑顔を見たいと思ったから

介護に携わって8年ほどになりました。いくつかの施設での仕事を経験してきましたが、今までは全て有料老人ホームで正社員・夜勤専従・パートとして勤めてきました。

 

なので、身体介護や生活介護に追われて忙しい施設ばかりでした。有料老人ホームなので、居室の掃除や片付け・整理整頓まで職員がキレイにするといった方針のところばかりでした。

 

それが今年からグループホームに転職して、今までの施設との違いに驚きました。まず全て利用者と共に行うということで、掃除も家事も出来るなら食事の支度も一緒にやって自宅のような当たり前の生活を過ごす家族のような関係になれるように、するのがグループホームでの認知症予防や改善につながることを知りました。

 

仕事の内容は特に難しいわけでもなく、認知症の利用者との関わり方も経験してきていることなので慣れていたのですが、私が苦戦したのがレクリエーションです。今までは介護中心となってばかりの働き方をしていたので、レクリエーションを進行したり盛り上げたりする経験がほとんどなかったので、何をどうしたら良いのか全くわかりませんでした。

 

とりあえず歌を歌ったり散歩をしたり、簡単なことから始めてみました。毎日同じ内容ではいけないと思うと、何かやらなくちゃと毎日考えてしまって仕事に行くのが苦痛になってしまうほどでした。ある日、レクリエーションをしているとある利用者さんから「あの人は好きだけど、あんたは嫌い」と言われてしまいました。

 

とてもショックでしたが、何年も一緒に過ごしてきている他の職員と入職して数日の私を、同等に見てもらえるのも難しいと思うことにしました。とにかくネットでレクリエーションの方法や盛り上げ方を調べたり、レクリエーションの経験のある介護仲間に聞いてみたりしました。

 

そこで、ダンボールでつくるオモチャを見つけて作ってみようと思って、自宅で作って持って行きました。不安定なダンボールの上にダンボールをまるめたものを乗せて、落としたら負けというルールで説明をしてやってもらいました。

 

皆さん真剣に参加てくれて、あまりにも倒れないので倒れたら勝ちというルールに変更してみると大盛り上がりで、皆さんの笑顔をたくさん見ることが出来ました。

 

その時に私のことを嫌いと言ったあの利用者さんの笑顔を初めて見ることが出来て、私はとても嬉しい気持ちになりました。自分にはレクリエーションは向いていないと諦めかけていたんですが、もっと利用者さんの笑顔を見たいと思って頑張ろうと決めました。

 

介護レク・ネタ帳 (安心介護ハンドブック)

新品価格
¥1,080から
(2018/8/27 21:53時点)

 

レク担さん必見!【介護レク入門】~笑顔を引きだす、厳選15のレク~ [DVD]

新品価格
¥3,780から
(2018/8/27 21:54時点)

sponsored link

down

コメントする






sponsored link