Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士 保育士

【私のやりがい】○○ちゃんで良かった! ふくしの声

time 2018/07/28

【私のやりがい】○○ちゃんで良かった! ふくしの声

sponsored link

【私のやりがい】○○ちゃんで良かった! ふくしの声

私は専門学校卒業後、新卒で老人保健施設へ就職しました。私が配属になったフロアは、比較的認知症の方が少なく、名前などもすぐに覚えてくださる方が沢山いらっしゃいました。新卒で、何もかもが手探りな私でしたが、覚えやすい名前だったこともあり、出勤するや否や○○ちゃん!来たんだね!待ってたよ!と複数の利用者さんに声をかけてもらえるようになりました。

 

その中の1人、Cさんは特に私を慕ってくださっており、○○ちゃん!ちょっと!と呼ばれて行くと、あのね、今朝○○さんがこんなことしてたの。大丈夫なの?と、他の利用者さんの奇行を教えてくださったり、トイレで失敗してしまった時も、ごめんね、でも来てくれたのが○○ちゃんで良かった、と声をかけて下さったり、私を本当に信頼してくれているんだなと感じました。

 

決してCさんだけを特別扱いしていた訳ではなく、他の利用者さんへの対応なども見ていた上で、○○ちゃんは信頼出来ると思って下さっていたようです。時折、他のスタッフの愚痴も私には漏らしていました。その方の言葉のおかげで私はどんどん仕事が楽しくなっていきました。

 

Cさんはその後もずっと、今日は○○ちゃんがいるから元気が出た!○○ちゃんがいてくれて良かった!と、顔を合わせるたびに伝えて下さっていました。Cさんは、私を本当の孫のように思って下さっていて、娘さんが面会に来られた時もこの子いい子だよ!頑張ってるんだよ!と紹介して下さったり、明日から私連休なんです、と言えば、あらそうなの?寂しいね…と本当に寂しそうな表情をされてしまい、帰りづらくなってしまったこともありました。

 

でも、ゆっくり休んでね!会えるの楽しみにしてるね!と笑顔で手を振って下さいました。その介護老人保健施設で2年目を終える頃、私は諸事情で県外へ行くことになり、そこを辞めなければならなくなりました。

 

最後の出勤日、私今日で終わりなんです、今までありがとうございましたと担当フロアの全利用者様に挨拶をしました。もちろん、私を覚えて下さっていた方は、寂しいね…と言ってくださる方もいましたが、Cさんのところに行った時、Cさんは涙を流してしまいました。

 

○○ちゃんがいなくなるのは寂しい。でも頑張ってね。いつか遊びに来てね。そう言って涙を流すCさんにつられて私も涙。手を握りあってお別れをしました。それから5年が経ちましたが、その老健には未だに行けていません。Cさんは元気かなと、今でも時々思い出します。

 

やりがいとは人に感謝されることだと思います。実際に相手にする利用者さんはもちろん、そのご家族の方からも、介護職員は感謝されることが多いです。利用者さんは、どんなに恥ずかしくても私たち介護職員を頼らなければならないことがあります。

 

それをよく理解した上で、信頼されるように努力をし、ありがとう、あなたで良かったと言って頂けることが最高のやりがいです。ありがとうの数だけ、介護職員をやっていて良かった、ずっと介護職員を続けようと思える原動力になっています。

 

「やりがいのある仕事」と「働きがいのある職場」―ブラック企業を反面教師に

新品価格
¥2,160から
(2018/7/24 12:50時点)

sponsored link

down

コメントする






sponsored link