Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士

【現場の不満】全てが劣悪な環境での悪循環 ふくしの声

time 2018/07/27

【現場の不満】全てが劣悪な環境での悪循環 ふくしの声

sponsored link

【現場の不満】全てが劣悪な環境での悪循環 ふくしの声

ショートステイのサービスを提供しているデイサービス施設での出来事です。私は夜勤専従の職員で、一晩平均3〜5人の利用者を見ています。働いている場所はデイサービス施設といっても、民家を改造しただけのごくごく小さいもので、環境は劣悪です。

 

利用者は和室に最低限の仕切りをして雑魚寝状態、職員である私はソファで仮眠をしています。利用者同士の距離が近いので、お互いの出す音で目が覚めて不穏になるなど、環境のせいで無駄に忙しさが増し、仮眠をしっかりとることもできない状態です。

 

更に、利用者の朝食の調理、配膳も一人でこなさなくてはならず、起床介助、更衣介助、排泄介助、食事介助が重なって、息つく暇もないほど忙しくなります。契約上の勤務時間は18:00〜翌9時00分なのですが、利用者の介助が長引くなどで時間通りに帰れることはまずありませんし、人手不足のため、朝の送迎に駆り出されたり、ひどい時には昼食の準備まで手伝うことになります。

 

時間を超過した勤務分は当然残業として請求するのですが、かなりの頻度で額を誤魔化されますし、多くの場合にはそれらの一切が支払われない、いわゆるサービス残業になります。施設長を除く全ての職員がこの扱いを受けています。

 

通常の業務で感じるストレスに加えてこういった不満、更に度重なる残業による疲労が重なって、職員の状態は最悪です。施設長は自身がそのような扱いを受けていないので「自分は関係ない。会社とあなた達職員の間で解決することだから。」と言ってまともに取り合おうとしません。

 

このような状態が続けば当然業務にも影響が及びます。職員の介助は投げやりになり、利用者への対応も雑になっていきます。職員によっては威圧的に接するなど、虐待だと言われても文句を言えないような事を利用者に対して行っています。

 

また、会社や施設長に対する不満や愚痴を職員同士で利用者に聞こえてしまうような声量で話し合っている事が多々あり、それに不快感を覚える利用者も多いようです。

 

このような状況に耐えかねて辞めていく職員も出てきていて、人員の補充が追い付かず、また個人にかかる負担が増していきます。

 

人員を補充するために求人を出し、ちょくちょく新人が入ってきますが、採用の基準が相当いい加減なのか、技術がなく不真面目で、倫理観の欠如した様な人ばかりです。たまに真面目な人が入ってきても、施設の現状を見てすぐに辞めていってしまいます。

 

今、この施設で働くのが苦痛です。

 

サービス残業中 書道家が書く漢字Tシャツ サイズ:L 黒Tシャツ 背面プリント

新品価格
¥2,700から
(2018/7/27 21:25時点)

サービス残業は犯罪です 生きにくい職場を変える法 (朝日新聞デジタルSELECT)

新品価格
¥432から
(2018/7/27 21:25時点)

未払い残業代請求にはこう対応する

新品価格
¥1,620から
(2018/7/27 21:27時点)

sponsored link

down

コメントする






sponsored link