Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士

【現場の不満】利用者の心ない発言

time 2018/05/21

【現場の不満】利用者の心ない発言

sponsored link

【現場の不満】利用者の心ない発言

有料老人ホームで介護職員として働いています。

介護の仕事をしていて理不尽だと思うことは、利用者の心ない言動、これにつきます。

 

完璧に出来なければ文句を言われる

介護の仕事は感謝してもらうことも多いので、人の役に立っていると感じられることに喜びを感じる私にとってはとてもいい仕事だと思います。
しかし、そう感じられない部分も多いのが悩みの種だと思います。私は当然完璧な人間ではありませんので、利用者の要望に完璧に応えられるわけではありません。例えば、利用者の体を動かすときに、利用者の思うように完璧に動かせるわけではありません。完璧に近づけるように努力はするのですが、やはり完璧にはできないのです。ロボットではありませんので当たり前のことです。
しかし、それを許せないという態度をとる利用者もいます。少しでもこちらに非があると感じると、露骨に文句を言ってくるのです。そういった時は、正直こんな人を介護するためにこの仕事をしているのかと考えると悲しくなります。当然ありがとうと言ってもらえることもありますので、そんな時はこの仕事をしていてよかったと思えるのですが、残念ながらそういう人ばかりではありません。

 

自分のことすら幸せにすることはできない

私達はどの利用者にも平等に接するというのが暗黙の了解としてあります。私もそうあるべきだと私も感じます。しかし、そんなことは机上の空論でなんの役にも立たない綺麗事です。絶対に不可能なことをしようとすれば、当然達成させることができないので辛くなります。当然自己嫌悪にも陥るかもしれません。しかしそれでは結局誰も幸せにはなりません。綺麗事を考えていても自分のことすら幸せにすることはできないと心から思いました。

 

考え方を変えてみる

それだったら自分の気持ちに正直になった方がいい仕事ができます。その方法は簡単です。自分が嫌だなと思う利用者については嫌いだと思う。それだけです。当然仕事はきっちりしますが、嫌いでいいんだと思うだけで、どんな態度を取られても、どんなことを言われても気にならなくなりました。なぜなら自分の嫌いな人にどう思われたとしてもどうでもいいからです。


そう思えてから、理不尽なことを言われてもストレスを感じなくなりました。
世の中は綺麗事であふれています。そして、他人は他人に綺麗事を言います。綺麗事は文字通り綺麗なので、間違ってはいないからです。しかし、綺麗事が自分のことを幸せにするということは絶対にありません。なぜなら私たちが生きているのは厳しい現実だからです。そのことは理解しておく必要があります。

 

「利用者に対する不満」の記事
文句が多い利用者さん
幻聴、妄想に振り回されるのは職員も同じです
認知症患者の暴力はなぜ許されるのか

 

介護職員のためのメンタルヘルスケア 職場の予防と対策 (でんでんむし出版)

「介護離職ゼロ」の職場のつくりかた

新品価格
¥2,138から
(2018/5/14 21:05時点)

伝え上手、聞き上手になる! 介護職のための職場コミュニケーション術 [ 大野萌子 ]

価格:2,160円
(2018/5/14 21:06時点)
感想(0件)

sponsored link

down

コメントする






sponsored link