Majiriki

今、福祉の仕事を広めよう

ありがとうをたくさんもらえる仕事それが、「社会福祉士」

time 2017/04/11

ありがとうをたくさんもらえる仕事それが、「社会福祉士」

sponsored link

職種:担当業務

介護老人福祉施設における生活相談員:入居者の受入の相談受付、その他の相談受付

業務内容

高齢者の介護施設での相談業務になります。介護支援専門員の業務と混同されることが多いです。しかしながら、社会福祉士としましては、介護保険以外の様々な手続きや相談を受け付けていかなくてはなりません。具体的な主な仕事は、ご利用者様の日常生活上の相談(身体障害者手帳の交付の相談、確定申告時の相談、その他行政手続きに関する相談)や入居のための相談受付が主な業務になります。また、障害者も積極的に雇用している施設ですので、そう言った障害を持つ方の雇用の受入や相談の受付なんかの業務も増えて来ています。

やりがいを感じる時・やりがいを感じること

毎日、毎日入居を申し込みに来る方はたくさんいます。本当に、毎日のように来所されます。自分は、毎日のルーティンな仕事ではあっても高齢者介護施設には、すごく考え詰めて、本当に困った方が相談にやって来ます。ですから、「また同じ説明か・・・」なんて対応しているとすぐ見破られてしまいます。その上、渡したの専門職としての存在意義も薄れてしまう気がします。一人一人のご家族やご本人様は、初めての体験でありますし、わからないことばかりです。ですから、きちんと細かく、細部にわたってご説明をしていきます。ご家族やご本人様に質問はないですかと聞いた時に、「ないです」と言われた時は、説明不足と感じますし、家族やご利用者様もなんとなく、冴えない顔で帰宅されます。また、きちんと説明し、質問なども活発に交わされた方は、本当に笑顔でお礼を言ってから帰宅されます。このように、福祉の相談受付の専門職である社会福祉士は、家族やご利用者様へきちんと伝わるように専門知識をわかりやすく説明しながら、ご説明していくことが重要です。このことを踏まえ、さすが相談員・〇〇さんに相談してよかったと言われることが何よりのやりがいを感じる時ですね。

現在の職種、業務の魅力

個別援助技術などの学校で習ったことがすぐ実践できるということでしょうか。さらには、こうした技術はすぐに習得できるものでありませんので、自己研鑽によって、どんどんできるようになって来るということです。しかも、同じ専門職の技能集団が、きちんと定期的に研修も行なっていて、たの同じ方向を目指している方がと交流しさらに伸びていくことができます。このように、飽きることなく毎日が新鮮ですし、一生をかけて勉強していく本当に素晴らしい仕事であると思います。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link