Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士

【第1回】温かい雰囲気の中で死を迎えることを選んだYさん~ケアハウスのおしとやかおばあちゃん~

time 2017/05/14

【第1回】温かい雰囲気の中で死を迎えることを選んだYさん~ケアハウスのおしとやかおばあちゃん~

私が特別養護老人ホームにて相談員として働いていた頃の話です。私が勤めていたのは100床のユニット型特養でした。 同じ敷地内にケアハウス・グループホーム・ショートステイ・デイサービス等も併設されており、それぞれの建物が渡り廊下で繋がっている作りになっていました。

 

私は相談員になる前、同施設の特養で介護職員として働いておりました。 Yさんは、その頃ケアハウスに入居されていました。施設内は繋がっているため、利用者さんも行き来することができます。 ケアハウスは比較的お元気な方が入居されているのですが、認知症の方も多くいらっしゃいます。 Yさんはとてもお元気で歩行状態も安定していましたが若干の認知症があり、ケアハウスへの帰り道がわからなくなってしまうことが度々ありました。 そんなときに付き添ったことが何度かあり、通常特養以外の利用者さんはあまり把握していないのですが、Yさんはお名前も顔も認識していた数少ない利用者さんの一人でした。

 

Yさんは、おしとやかでお上品なイメージの女性でした。この頃すでに80代後半でしたが、足取りは軽くお散歩が好きだと話してくれました。 いつも静かにニコニコ微笑んでおり、穏やかな方でした。 認知症になるとちょっとしたことで感情的になってしまう方も多いですが、私が知る限りYさんはそのようなことがありませんでした。

 

特養の中に迷い込んでしまい帰り道がわからなくなっても自分から人に聞くことはせず、そんなときはホールのソファにぽつんと座っていました。 こちらから「こんにちは。どうかしましたか?」とお声をかけると、ちょっと恥ずかしそうに笑って「お部屋がわからなくなっちゃって…」と言うのです。 少し内気な面もあったように思います。 「じゃあ一緒に行きましょうか」と言うと、「いいのかしら、ありがとうございます」と立ち上がり、 ゆっくりお散歩をしながら部屋まで一緒に戻る、というのがいつものパターンでした。

介護現場で使える 看取りケア便利帖 (現場で使える便利帖)

新品価格
¥1,944から
(2018/5/13 10:21時点)

死を前にした人に あなたは何ができますか?

新品価格
¥2,160から
(2018/5/13 10:22時点)

家族と迎える「平穏死」–「看取り」で迷ったとき、大切にしたい6つのこと

新品価格
¥1,512から
(2018/5/13 10:23時点)

sponsored link

down

コメントする






sponsored link