Majiriki

福祉、介護職、介護を頑張る人のトータルサポートサイト 社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士

【第1回】特養へ入所後、ADLが向上したYさん ~病院からの入所~

time 2018/07/06

【第1回】特養へ入所後、ADLが向上したYさん ~病院からの入所~

Yさんは、私が介護職員として働いている特養に新しく入所してきた90歳の女性でした。半年前まではとてもお元気に1人暮らしをしていたそうですが、トイレで転倒して大腿骨を骨折してしまい、寝たきりの入院生活を送るうちに全く足が立たなくなってしまったということでした。

 

その入院中に背中にはひどい褥瘡(※長い間寝たきりでいることによって圧のかかる部分の皮膚組織が壊死してしまう状態)ができてしまい、トイレへも行けずオムツへの排尿もうまくできなかったことから尿道カテーテルを入れていました。とても明るかったYさんが骨折し入院生活になったことからすっかり気落ちしてしまい、食事もほとんど召し上がらないという状態での入所でした。

 

入所時の介護度は最も重い要介護5でした。何をするにも介助の手が必要であったため、妥当な介護度と思われました。病院からの情報には、「言葉によるコミュニケーションは概ねできるが、認知症も軽度あり」と書かれていました。

 

「けっこう重い人が入ってくるんだなぁ。」というのが当時入職1年目であった私の感想でした。

 

そして入所当日、私は日勤帯に勤務していたため、入所対応をすることになりました。施設に入所する際、共同生活となるため持ってきた荷物を1つ1つ確認し、名前が書かれていなければ記入していきます。これがとても大変な作業なのですが、Yさんはとても荷物の少ない方だったのでさほど時間を要さず終えることができました。

 

Yさんが入所したのは午前10時だったため、ほどなく昼食の時間となりました。食事があまり進まないという情報を得ているため、食事の様子はきちんと観察しなければならないポイントです。Yさんは両手を自由に動かすことができたため、スプーンを持って1人で食べることができますが、すぐにスプーンを置いてしまうため病院ではスプーンで口に入れる介助をしていたということでした。

 

「Yさん、今日は朝から大変でしたね。お昼ご飯は中華丼ですよ。付け合わせにもやしのナムルもあります。どうぞ。」私はそう声をかけて、Yさんの目の前にお盆を置きました。Yさんは少し驚いたように目を見開き、私の顔を無言で数秒見つめました。

 

何か変なことを言ったかな?と思いながら私が微笑み返すと、Yさんは目をそらし、小さな声で「ありがとよ。」と言いました。

 

照れ屋なのだろうか?それがYさんの第一印象でした。Yさんはスプーンを自ら持ち、中華丼を一口食べると、「うめぇ。」と言いました。手が止まったら介助していたと病院から聞いていましたが、Yさんはその手を止めることなく、全て完食しました。入院中の平均的な食事量は3割程度と聞いていたので、これにはとても驚きました。

 

【第2回】特養へ入所後、ADLが向上したYさん ~褥瘡~

 

事例で学ぶ介護サービスNG集 (介護のしごとが楽しくなるこころシリーズ)

新品価格
¥864から
(2018/7/6 22:40時点)

事例で読み解く 介護過程の展開 ―根拠に基づく「生活支援」を実践するために

新品価格
¥2,160から
(2018/7/6 22:38時点)

訪問介護事業所困りごと解決Q&A実践対応

新品価格
¥3,000から
(2018/7/6 22:39時点)

sponsored link

down

コメントする






sponsored link